1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ライフ
  4.  > 健康
  5.  > 免疫(4)

免疫のニュース(ページ 4)一覧

今回の研究の概要(画像: 東京大学の発表資料より)

急性腎障害(AKI)は何らかの原因で腎臓の働きが急に悪くなる病気である。 11/04 21:39

ファゴサイトーシスのイメージ図。(画像: 九州大学の発表資料より)

生物の細胞膜はリン脂質が2重になった構造をしている。 10/25 08:40

昆虫腸内における細菌間競合の模式図(画像: 産業技術総合研究所の発表資料より)

「腸内共生」は人間を含めほとんどの動物にみられる現象であり、食物の分解や免疫系の恒常性維持などで重要な役割を果たしている。 10/24 08:48

米疾病予防センター(CDC)は9日、ペットの亀がサルモネラ感染症の原因になっているとして注意喚起した。 10/15 08:31

ケニアに生息するストライガ(Striga asiatica)。(画像:理化学研究所発表資料より)

その恐るべき生態から「魔女の雑草」と呼ばれる病害植物ストライガ。 09/14 12:26

今回の研究で示された、ミクログリア活性化とうつ様行動におけるLHジペプチドの抑制効果。(画像: 神戸大学の発表資料より)

神戸大学大学院医学研究科の古屋敷智之教授、北岡志保講師、キリンホールディングスの阿野泰久研究員等の共同研究チームは、納豆、酒粕、青カビチーズ等の発酵食品に豊富に含まれるLHジペプチドに、マウスのうつ様行動を抑制する働きがあることを確認した。 09/10 17:33

再生医療分野用低温輸送システムの概要(トッパンフォームス発表資料より)

トッパンフォームスと岩谷産業は3日、再生医療分野で利用可能な、マイナス150度以下の低温輸送温度管理システムの提供を開始したと発表した。 07/03 21:23

遺伝子に関する宇宙実験人参加した一卵性双生児のスコット・ケリー氏とマーク氏 (c) NASA/Alamy

双子の兄弟が参加した宇宙での遺伝子実験が米航空宇宙局(NASA)によって実施された。 04/16 19:11

環境汚染が健康に及ぼす影響について、新たな研究結果が2019年ヨーロッパ肝臓病学会(Easl)で発表された。 04/16 08:54

一卵性双生児の宇宙飛行士、スコット・ケリー氏とマーク・ケリー氏を対象に行われた長期の宇宙滞在による生物学的変化の研究成果が論文にまとめられ、Science誌に掲載された。 04/14 19:39

群馬大などの研究グループが、寄生虫での体重増加抑制効果についての論文を発表した(群馬大学の発表、Infection and Immunity誌のInfection and Immunity誌掲載論文、 上毛新聞)。 04/11 20:27

休眠していたウィルスは、免疫システムが適切に機能しなくなれば当然活性化する。 03/27 08:44

今年もインフルエンザが猛威をふるう季節となった。 12/07 11:32

中外製薬、3Qは増収増益 売上・利益ともに3ヶ月累積実績ベースで過去最高

板垣利明氏:板垣でございます。 11/05 22:22

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7  次へ進む

広告

広告