アリババのニュース

相場展望9月16日 米国次の焦点は、(1)増税 (2)消費者物価の株価反応 日本株は買戻し高、次は中長期投資家の買い期待

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)9/13、NYダウ+261ドル高、34,869ドル(日経新聞) ・NYダウは、先週は新型コロナの感染拡大で米景気回復が鈍るとの警戒感から米株式相場に売りが続き、2カ月ぶりの安値を付けていた。
09/16 08:46

相場展望9月6日 日本株、衆院選挙日までは強気 米国株9月は売られやすいが、過剰マネーが下支え

■I.米国株式市場 1.NYダウの推移 1)9/2、NYダウ+131ドル高、35,443ドル(日経新聞) ・新規失業保険件数が減少し改善したことや、7月製造業受注が予想を上振れ、雇用回復の鈍化懸念が和らいだのを好感しNYダウは上昇。
09/06 08:22

ソフトバンクGを巻き込む、アリババの株価下落とセクハラ企業リスク!

ソフトバンクグループ(SBG)が信者のような個人投資家を抱えている最大のポイントが、アリババであることに異論を持つ人は少ないだろう。
09/05 07:50

相場展望8月23 日 テーパリングでも楽観論続き高値圏相場が継続へ  注意すべきは、むしろ『景気後退』

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)8/19、NYダウ▲66ドル安、34,894ドル(日経新聞) ・FOMC議事要旨を受け、テーパリング(量的緩和の縮小)開始の前倒しを警戒し、景気敏感株を中心に幅広い銘柄が下げた。
08/23 15:34

相場展望8月19日 過剰マネーとリスクの攻防が始まる リスク: 金融緩和縮小・景気鈍化・感染爆発

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)8/16、NYダウ+110ドル高、35,625ドル(日経新聞) ・中国の景気減速懸念やアフガニスタンでの地政学リスクの高まりから、売先行しNYダウは一時▲280ドル超下げる局面があった。
08/19 08:57

相場展望8月5日 米国株は高値圏、日本株は下落と相反する要因 米国はカネ余り、日本は日銀の資金供給停止

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)8/2、NYダウ▲97ドル安、34,838ドル(日経新聞) ・欧州株高を受けて買い先行したが、米長期金利が低下すると景気減速の懸念が強まり、景気敏感株を中心に売りが広がった。
08/05 08:26

ソフトバンクGの値動きに現れた、経営者と投資家に生じた思惑のズレ!

3月12日に直近最高値の終値1万635円を記録したソフトバンクグループ(SBG)の株価は、その後急速な下げに転じて、4カ月後の7月28日の終値は6745円となった。
08/01 16:50

中国半導体大手の紫光集団が破産を申請

2020年末までに4度ものデフォルト状態に陥った結果、7月9日付け経営破綻を起こした中国の半導体大手「紫光集団(Tsinghua Unigroup)」。
07/20 08:30

相場展望5月17日 日本株の下落率大きい原因は『日銀ETF購入の変化』 これは、日銀による『テーパリング(金融の段階的縮小』

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)5/13、NYダウ+433ドル高、34,021ドル ・NYダウは一時+550ドル超の上昇。
05/17 08:39

相場展望5月6日 日銀ETF購入抑制で、日経平均嵩上げ4,000円の行方?外資系が『日本株を買わない理由としては充分』、売り注意

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)5/3、NYダウ+238ドル高、34,113ドル(日経新聞) ・米国の新型コロナワクチンの普及に伴い、感染抑制のための行動規制の緩和が進んでいる。
05/06 10:56

ソフトバンクGに漂う暗雲 アリババに3000億円の罰金、解体の懸念も囁かれ・・

2020年11月3日、中国・アリババ集団(アリババ)を構成するアント・グループが、11月5日に予定していた上場を、直前になって延期すると発表した。
04/13 08:31

相場展望3月4日号 米長期金利上昇⇒債券損失⇒株式動揺の構図に注目

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移  1)3/1、NYダウ+603ドル高、31,535ドル ・長期金利上昇が先週の1.61%から1.4%台に一服し、先週値下がりした銘柄を中心に買い戻す動きとなり大幅高。
03/04 08:15

相場展望2月8日号 SNS個人投資家の騒乱を契機に、市場は敏感に なっており、数週間は注意したい

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)2/4、NYダウ+332ドル高、31,055ドル ・週次の新規失業保険申請件数が77.9万件と、前週より減少し、雇用環境の改善が期待された。
02/08 07:59

相場展望12月28日号 「閑散に売り無し」が続く、「掉尾の一振り」に期待

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移  1)12/24、NYダウ+70ドル高、30,199ドル ・英・EUの新たな通商交渉合意を好感し上昇したが、クリスマス前日の13時までの短縮取引のため、売買は低調だった。
12/28 08:26

中国当局、アリババグループを独占行為の疑いで調査へ

Bloombergによると、中国の国家市場監督管理総局は24日、中国最大の流通・オンライン企業であるアリババグループを市場独占の疑いで調査すると発表した。
12/25 17:54

アント上場延期の影響はアリババを経由して、ソフトバンクGに及ぶ? (下)

馬雲(ジャック・マー)氏の率直な物言いが、政府要人や銀行業界のお歴々、金融監督当局等の不興を買ったことが原因で、アントは「上場を遅らせる」と発表しているが、具体的に時期を明言できる人物は存在しない。
11/17 15:46

中国アリババの物流「菜鳥網絡」が日本参入の持つ意味

中国アリババグループの物流を担当している「菜鳥網絡(国内ではナトリという名称で知られる)」が11日、日本の物流事業に参入することを発表した。
11/17 09:01

アント上場延期の影響はアリババを経由して、ソフトバンクGに及ぶ? (上)

中国の電子取引最大手である里巴巴(アリババ)集団系列で、金融会社の枠に留まらないフィンテック企業として積極的な活動を続けてきたアント・グループは、11月5日に新規上場して約340億ドル(約3兆6000億円)を市場から調達しようしていたが、直前の3日に、上場の延期が発表された。
11/17 08:04

中国「独身の日」好調 アリババは約7.9兆円

中国では恒例となっている11月11日「独身の日」のネット通販セールが、2020年も好調だったようだ。
11/14 08:45

ソフトバンクGが経営方針を転換? 群戦略よりも投資会社か?

ソフトバンクグループ(SBG)が9日に公表した20年4~9月期の中間決算は、連結最終利益が1兆8832億円と前年同期比で4.4倍になる好調なものだった。
11/13 16:39

ソフトバンクG、4-9月期の純利益は過去最高に 今後の不安は

ソフトバンクグループの決算がコロナ禍で好調だったことがわかった。
11/13 08:33

相場展望11月5日号 大統領選結果より、『決着の遅れ』の不透明感を警戒 米上院は共和党優位、捻じれ現象で混迷継続か

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移 1)11/02、NYダウ+423ドル高の26,925ドル ・大幅下落の反発と、米10月ISM製造業PMIが2年ぶりの高水準を好感して急上昇。
11/05 10:58

相場展望10月19日号 バイデン氏『ウクライナ疑惑』再浮上も、メディア支援 米政府、『アリペイ』を制裁リスト入り検討との報道

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移 1)10/15、NYダウ▲19ドルの28,494ドル ・欧州のコロナ感染急増で英仏が外出規制や会合禁止など規制強化を打ち出したことで投資家心理を冷やし、欧州株は大きく売られた。
10/19 07:51

ソフトバンク、1Qは増収増益 テレワーク需要を受けて法人事業の営業利益は前年比11%増

宮内謙氏:最初にお話ししようと思っているのが、ソフトバンクのデジタルシフトについてです。
10/12 18:49

中国の江蘇省蘇州市で導入された文明コードアプリ、3日で運用停止へ

中国の江蘇省蘇州市で今月3日、市民の生活態度などを点数化する「文明コード」を新たに導入したが、市民の強い反発からたったの3日で運用停止する羽目になったようだ。
09/09 18:59

 1 2 3  次へ進む