「EV」(1) テスラ黒字化で注目を集める日本企業はどこ

2021年2月15日 15:34

小

中

大

印刷

(c) 123rf

(c) 123rf[写真拡大]

写真の拡大

 1月28日の共同通信が、『米テスラ、初の年間黒字 750億円、 EV好調』と題するニューヨーク発の記事を伝えた。電気自動車(EV)開発を実質上牽引してきたテスラ(2020年12月期)の黒字化の意義は大きい。

【こちらも】テスラ過大評価論

 テスラは10年の上場後昨年まで、最終赤字を継続していた。黒字化に際し、何かと物議を醸しだす言でも知られるイーロン・マスクCEOは「今後数年間は(世界の)販売台数で平均50%の成長を続ける」と、風呂敷を拡げたとも伝えられた。

 EV化の流れは緒論あるが、着実に太くなっている。ノルウェーは25年までにガソリン・ディーゼル車の販売禁止。英国も30年までに同様の措置を執る計画を公にした。そして周知の通り、世界の自動車販売市場の3割近くを占める中国が、「2035年をめどに、新車販売の50%以上をEVなど新エネルギー車(EV+プラグインハイブリッド車+燃料電池車)とする」方針を明らかにした。トヨタも25年までに米国での新車販売の4割を電動車・・・年内にEV2車種発表とした。

 免許証返納の身ながら「EV車の時代、目前。これも商売」と言い聞かせ、兜町を歩いた。「EV車時代で存在感がクローズアップされる国内企業はどこか」を、複数のアナリストに意見を求めるためだ。

 ホンダが昨年同社初の量産EV「ホンダe」を発売した。だが「1台売ると80万円から100万円ほどの赤字が出る」。トヨタも10月に高級車レクサスの市販EVを国内に初投入した。そんな極々限られた知見を頭ぶりに取材を繰り返した。

 「だけにテスラの黒字化はEV開発競争に拍車をかける。株式市場にとってはこの上ないサプライズだ」と、歩いた先のアナリストは口を揃えた。また「モーター」「インバータ(電池からモーターに流れる電流を、直流から交流に変換する装置)」「電池」が、「EVの3種の神器」だと知った。

 そこで今回から3回にわたり、「EV時代に商機を掴む公算が大きい国内の企業群」を記す。アナリストの多くが取材の趣旨を伝えると、「まずは電池だろう」と応じた。ガソリン車なら100万円余から購入できる。対してEV車は300万円台。その差は「電池価格にある」というのだ。

 テスラ自体も販売価格を「より安く」と取り組んでいる。昨年9月に、「23年頃に、約260万円のEVを投入する計画」と発表した。その背景が独自開発の新型電池:4680なる代物。「従来の電池より価格が56%下がり、走行距離は54%伸びる」という。

 アナリストは「菅政権は、50年までに温室効果ガス実質ゼロを目玉政策にしている。いま、EV推進企業に数千億円の補助金を検討している」ともした。

 「(2)」では、3種の神器の1番手として「電池関連メーカー」を掘り起こしてみた。(記事:千葉明・記事一覧を見る

続きは: EV (2) テスラ黒字化で注目を集める日本企業はどこ

関連キーワード本田技研工業トヨタ自動車トヨタレクサス(LEXUS)ハイブリッド車電気自動車中国燃料電池プラグインハイブリッドテスラモーターズイーロン・マスク

関連記事