米のみならず英・伊メーカーも撤退、東京モーターショー2017

2017年5月27日 20:57

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

東京モーターショーは10月27日のプレビューデーで開幕する。が、遂に米・英・伊の自動車メーカーの出展がゼロとなる。今回は、MINIの出展もない

東京モーターショーは10月27日のプレビューデーで開幕する。が、遂に米・英・伊の自動車メーカーの出展がゼロとなる。今回は、MINIの出展もない[写真拡大]

写真の拡大

 第45回「東京モーターショー2017」が、10月27日プレビューデー、28日から一般公開として開催される。

 主催する日本自動車工業会(自工会)が発表した出展社リストによると、今回、イタリア車とイギリス車がショー会場から消える。

 米ゼネラルモーターズ(GM)や米フォードモーターは、以前から東京にモーターショーに出展しておらず、フォードにいたっては、日本市場そのものから撤退した。前回、出展していたフィアット・クライスラー(FCA)のJEEPブランドも今回、出展を取り止めた。その結果、米ビッグ3は全ブランド、東京モーターショーから姿を消すこととなった。

 FCAのイタリア系ブランドであるフィアット、アルファロメオ、アバルトは前回までは出展したが、今回は欠席に転じ、フェラーリやランチャ、マセラティなどを含めたイタリアメーカー全社の出展がなくなった。つまり、前述したJEEPを含めて、FCA全ブランドが出展をやめたことになる。

 加えて、前回は出展していたジャガー&ランドローバー、MINIが撤退し、ロールス・ロイスやアストンマーティン、ベントレーなどとともに英国メーカーの出展もゼロとなった。

 東京モーターショーは、ほぼ日本、ドイツ、フランスメーカーのイベントとなり、スウェーデンのボルボとスカニア(商用車)、米国ハーレーダビッドソン(二輪車)が参加するのみとなる。

 また、今年も東京モーターショーは無事に開催されそうだが、次回2019年の開催が危ぶまれている。東京ビッグサイトが東京オリンピック&パラリンピックにおける報道機関の拠点であるメディアセンターが設置されることになり、2019年4月~2020年11月まで、イベント会場として使えなくなるのだ。この問題の詳細は別途レポートしたい。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
「ホンダS1000」発売の噂が流れるなか、特別仕様のS660が期間限定発売
メルセデス・ベンツAクラスにセダンコンセプト登場、上海で世界初公開
フォルクスワーゲン、新EVをイメージした重要な1台「I.D. CROZZ」を上海で公開
ホンダ、新型SUV「CR-V HYBRID」を上海モーターショーで世界初公開
電気で走るSUVクーペ「AUDI e-tron SportBag Concept」、上海ショーで初公開

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードドイツイギリスイタリアフォードフランスクライスラー東京モーターショー日本自動車工業会(自工会)スウェーデンマセラティアルファロメオアバルトフェラーリランドローバージャガー

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
  • 星間物質で満たされたオリオン座の大星雲M42の内部 (c) NASA
  • イオンモール川口のオープンイメージ(イオンモール発表資料より)
  • 日産・NV350キャラバンの特別仕様「プレミアムGX BLACK GEAR」(画像: 日産自動車発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース