1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > スーパー・コンビニ・百貨店(5)

スーパー・コンビニ・百貨店のニュース(ページ 5)一覧

rss

大丸松坂屋百貨店を運営する小売大手のJフロントリテイリングは、連結子会社のファッションビル大手・パルコの株式公開買い付けを進め、完全子会社する考えを明らかにした。 01/01 09:42

(c) 123rf

コンビニエンスストアの店主らで組織するコンビニ加盟店ユニオンの酒井孝典執行委員長らは24日、東京都内のセブン-イレブン・ジャパンを訪ね、年末年始の休業を求める嘆願書を手渡した。 12/26 17:33

カンモンUWのイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)

山口県下関市竹崎町のJR下関駅東口にある下関大丸は2020年3月、大丸松坂屋百貨店直営の大丸下関店となるのに合わせ、全館改装してリニューアルオープンする。 12/22 21:13

(c) 123rf

セブン-イレブン・ジャパン(セブン)は加盟店のアルバイトやパートに対する労務費の、一部未払いがあったことを発表した。 12/20 21:33

神戸物産(3038)は13日大引け後に19年10月期の通期連結決算を発表した。 12/15 21:49

イオングループのマックスバリュ東北が2020年3月、イオンの完全子会社となり、イオンリテール東北カンパニーと経営統合することが決まった。 12/11 18:54

コンビニチェーン大手のセブン−イレブンで、賃金計算プログラムのミスによる一部賃金未払いが発生していたという。 12/11 17:10

(c) 123rf

コンビニには、廃棄費用のほとんどが加盟店の負担で、積極的な仕入れを奨励した本部のフトコロは痛まないところに、本部と加盟店の思惑がすれ違う根本的な理由がある。 11/27 17:00

何とかやっているというコンビニのオーナーにとって、契約から15年前後に到来する契約更改が頭から離れない筈だ。 11/27 08:25

(c) 123rf

全ての加盟店で1日に1万円の廃棄処分が出た場合、個々のオーナーにとっては9000円のロスとなるが、本部にとっては1店舗1000円のロイヤリティが生まれ、合計2万店舗分で2000万円の収入となる。 11/22 17:17

(c) 123rf

1975年にセブン-イレブン(セブン)が始めたとされる24時間営業は、加盟店にとっては客足が落ち着く深夜時間帯に,効率的な商品の陳列と清掃作業が出来るメリットがあり、1日中フル稼働できる弁当等の製造工場にとっても、最小の設備投資で最大の効率を生み出す成功したビジネスモデルだと喧伝されて来た。 11/22 09:13

(c) 123rf

コンビニエンスストア大手のファミリーマートは、来年3月から加盟店に時短営業を認める方針を打ち出した。 11/18 13:39

広島市に本社を置き、中四国、九州でスーパーを展開するイズミは12日、香川県高松市に本社を置く四国のスーパー・マルヨシセンターと資本業務提携を結ぶと発表した。 11/15 14:51

人手不足や過酷な労働、収益の悪化などコンビニエンスストアオーナーを取り巻く環境がさらに厳しさを増していることが5日、コンビニのあり方を検討する有識者会議に提出された経済産業省のアンケート調査で分かった。 11/07 12:00

地域生協の世帯加入率(日本生協連発表資料より)

2018年度の全国568の生協組合員数が前年度を1.8%上回り、10年連続の増加となったことが28日、日本生協連の発表で明らかになった。 10/29 08:52

実証実験店舗のイメージ(セブン-イレブン・ジャパン発表資料より)

セブン-イレブン・ジャパンは25日、東京都千代田区二番町の「セブン-イレブン麹町駅前店」について、12月より、コンビニエンスストアが抱えるさまざまな課題を解決する次世代店舗としてリニューアルオープンし、実証実験に入ることを明らかにした。 10/27 21:41

(c) 123rf

セブン-イレブン・ジャパンはこれまでこだわり続けてきた24時間営業の方針を撤回し、深夜休業するかどうかについて加盟店オーナーの意向に委ねることを決めた。 10/24 15:16

政府が進めているプラスチック製レジ袋を有料化する制度見直しについて、日本チェーンストア協会は、菅原一秀経済産業相、小泉進次郎環境相にすべてを例外なく有料化するよう求める要望書を提出した。 10/22 14:18

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ進む

広告

広告