ポルシェのニュース一覧

水素エンジンが急速に注目されている。EUは、現在BEV、PHEVへの移行を急いでいる。 08/10 06:49

日産・アリアの発表。(画像: 日産自動車の発表資料より)

日産・アリア、そしてテスラ・モデルY、アウディ e-tron、メルセデス・ベンツ EQC、ジャガー・ Iペース、フォルクスワーゲン ID.3、BMW i4、ポルシェ・タイカン、マツダMX-30、ホンダeなど、2021年からEVラッシュとなる。 07/21 11:35

日本でも正式に予約受注が始まった「新型ポルシェ911ターボ」「新型ポルシェ911ターボカブリオレ」、写真はクーペの「ポルシェ911ターボ」、価格は2443.0万円

ポルシェ・ジャパンは、「新型ポルシェ911ターボ」「新型ポルシェ911ターボカブリオレ」の予約受注を全国のポルシェ正規販売店にて開始したと発表した。 07/19 18:40

タイカン ターボ(ポルシェ・ジャパンの発表資料より)

ポルシェ・タイカンの日本国内販売価格が6月5日に発表された。 06/10 16:08

タイカン4S(画像: ポルシェジャパン発表資料より)

ポルシェ・ジャパンは5日、ポルシェ初の量産型電気自動車であるタイカンの国内における販売価格を公式サイトなどで明らかにした。 06/07 21:41

静止状態のクルマが、時速100kmに到達するまでの所要時間(0-100km/h)を競う、世界ランキングがある。 06/06 08:03


718 ケイマン GT4/718 スパイダーの4リッター6気筒自然吸気ボクサーエンジン。(画像: ポルシェジャパンの発表資料より)

戦後10年ほど経つと、日本の自動車産業も始まり、ターボチャージャーの性能も徐々に高くなってきた。 05/25 07:29

718 ケイマン GT4/718 スパイダーの4リッター6気筒自然吸気ボクサーエンジン。(画像: ポルシェジャパンの発表資料より)

ポルシェが、自然吸気(NA)エンジンに回帰している。 05/24 06:25

ポルシェ・ジャパンは、ブランドアイコンの911「タルガ4」「タルガ4S」の予約受注を開始した。価格は1729.0万円、2060.0万円

ポルシェ・ジャパンは、ブランドアイコンのスオーツカー、911の「タルガ4」と「タルガ4S」の予約受注を開始した。 05/21 08:23

国内における電気自動車の元祖である電気自動車「たま」(画像: 日産自動車発表資料より)

自動車メーカーによる電気自動車競争が激しくなっている。 05/04 11:53

ミシュランのクラシックカー用タイヤ・XAS(画像・日本ミシュランタイヤ発表資料より)

日本ミシュランタイヤは、4月1日よりクラシックカー用タイヤ「XAS」を発売すると発表した。 03/17 10:57

(c) 123rf

2020年後半にも発売されるであろうと言われる、スバル・新型レヴォーグの1.8Lリーンターボエンジンは、現在の水平対向(ボクサー)の型式のまま、最大熱効率40%を達成しているようだ。 03/15 07:07

新型「ポルシェ911ターボS」。(画像: ポルシェAGの発表資料より)

地球温暖化で「燃費規制」が叫ばれる中、「このようなスポーツカーが存在しても良いのだろうか?」と考えさせられる1台だが、1964年登場のポルシェ・911が現在でも待ち望まれる市場があることに、不敵な笑いがこみあげてくる思いもある。 03/12 07:38

今回のキャンペーンは夏に発売予定のEV「タイカン」のプロモーションのために行われる。(画像: ポルシェジャパンの発表資料より)

「地球温暖化」が進む世界情勢の中で、「CO2排出をしながら高性能な走りが必要なのか?」、つまり、スポーツカーは必要なのかが問われている。 03/07 17:46

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告