ポルシェが若者の夢をサポート 中高生対象に「LEARN with Porsche」募集

2021年6月8日 08:20

印刷

 ポルシェジャパンでは、日本独自の活動として「LEARN with Porsche」を立ち上げる。中高生を中心とした若者の夢を叶えるためのプログラムとしており、公式サイトで一般公募の開始を発表した。

【こちらも】ポルシェ、虎ノ門ヒルズにEV用の急速充電器を設置

 LEARN with Porscheは、東京大学先端科学技術研究センター・人間支援工学分野の中邑賢龍教授を中心とした、ROCKETプロジェクトから派生したものだ。今回のプログラムでは、2021年8月27日~8月31日にかけて4泊5日の体験合宿を予定。公募は全国の中高生を対象としており、書類選考と面談で10名を選ぶ。体験合宿は北海道で実施され、旅費や宿泊費はポルシェが負担する。

 今回の体験合宿では、経験やコミュニケーションを通し、答えを導き出す力を養うカリキュラムが用意されている。カリキュラムではスマートフォンなどの情報端末を使わないコミュニケーションが中心だ。教科書やネットの知識にとらわれず、実際の体験から解決力を学ぶことになる。

 ポルシェジャパンは現代の日本社会の課題として、夢を見つけられない若者がいることに着目。持続可能な未来に向けて、夢のサポートを行うことで社会貢献を果たす狙いだ。

 今回の体験合宿に限らず、特別講演やオンラインイベントなど、積極的な活動を行う方針だ。実際にポルシェでは、10代に意欲と創造性を促すプロジェクトを展開するNPO法人「KATARiBA」とともに、「Have a Dream with Porsche」を展開するなど、未来社会を見据えた活動を行っている。

 未来を見据えた社会貢献活動として展開する「LEARN with Porsche」では、6月4日~6月30日午後5時まで募集を行っている。選考結果は7月20日ごろに、各応募者のメールアドレスに届けられる。

関連情報

関連キーワードポルシェ

関連記事