肥満のニュース

ブロッコリー由来の分子が肥満抑えるメカニズムを解明 東京農大ら

東京農業大学らの研究グループは、肥満を抑える成分として、ブロッコリーに含まれる分子スルフォラファンを見付け出し、その働きのメカニズムを明らかにした。
06/07 16:27

妊娠中の母親の運動、子の肥満を防ぐメカニズムを解明 東北大ら

妊娠中の母親の肥満や2型糖尿病が、子の将来の糖尿病リスクをあげてしまうことが近年明らかになってきている。
04/14 07:46

TikTok、若者を食い物にする「ADHDの自己診断や治療促す広告」掲載

ここ数週間の間に、TikTok上に注意欠陥多動性障害(ADHD)の自己診断と服薬を促す広告が大量に掲載されて問題になっているという。
02/17 11:52

3人に1人がコロナ自粛太り 平均5.6キロ増加 運動不足自覚は7割

新型コロナの感染者数は急激に減少している。
11/07 19:29

特定の遺伝子型を持つヒトはニンジン摂取で肥満解消か 新潟大などの研究

肥満防止を目的とした食生活の改善に関して、近年では様々な情報が流通している。
10/14 17:10

肥満で薄毛が進むメカニズムを解明 東京医科歯科大ら

肥満と男性の脱毛症に関連があることは、これまでも言われていたが、その理由は明らかになっていなかった。
06/28 17:34

生活習慣病の発症リスクを予測、健康診断システムを開発 アクセンチュア

人生100年時代。平均寿命が延びるにつれ人々は健康寿命に強く関心を持つようになった。
06/03 09:12

太っていたら十分な運動をしてもやはり不健康という研究結果

超過体重や肥満でも十分な運動をすれば心血管疾患リスクをある程度低減できるが、運動しない標準体重と比べるとはるかに高リスク、というスペインでの大規模な研究結果が発表された。
01/27 09:04

米バークレー市議会、レジ前のジャンクフード陳列を禁ずる条例案を可決

米国・カリフォルニア州バークレー市議会で22日、大型小売店のレジ前にジャンクフードを陳列することを禁ずる条例「Healthy Checkout」が全会一致で可決・成立した。
09/27 17:35

コロナ禍での外出自粛、若者に平日夜型化の傾向 体重増加にも 早大らの研究

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大を防止するため、人同士の接触を避けようとソーシャルディスタンシング戦略が日本を含め各国で採用されている。
09/13 16:18

新型コロナに感染しやすい人? 重症化しやすい人? 分かり始めた感染リスク!

感染拡大が続く新型コロナウイルスに関しては、世界中の研究機関であらゆる研究が進んでいる。
08/27 17:24

過度な摂食制限は寿命を縮める恐れも 線虫で短命化傾向を発見 東北大

ヒトの健康や寿命について研究する上でモデルとなる動物として、線虫が近年注目されている。
07/08 19:18

京大ら、雑草からアルテピリンC活性酵素を発見 高品質プロポリスの国産化に期待

京都大学は25日、国産の野生植物であるカワラヨモギから、アルテピリンCを作る酵素遺伝子の特定に成功したと発表した。
10/27 22:03

糖尿病治療薬を減量目的で使用するのは危険

「サクセンダ」「ビクトーザ」などの製品名で知られる「遺伝子組み換えリラグルチド」という2型糖尿病治療薬を濫用したダイエット手法が出現し、「GLP-1ダイエット」といった名前で宣伝されているようだ。
09/18 08:51

腸内細菌の力で肥満を防ぐ リノール酸から作られたHYAの働き 農工大らの研究

東京農工大学の研究グループは5日、多価不飽和脂肪酸が腸内細菌により新たな脂肪酸に変えられ、それが人の代謝に影響を与えて肥満しにくくすることを発見し、その仕組みを解明したと発表した。
09/10 12:18

肝臓全体の脂肪蓄積を解析する新測定法 東邦大の研究

東邦大学の研究グループは、MRIを用いた、脂肪肝の新しい解析手法を開発した。
09/09 07:51

ロンドンが進めようとする砂糖の消費を削減する政策とは

肥満はもはや、世界中で社会問題となっている。
06/07 11:49

普段から速く歩く人、遅く歩く人よりも長生きする 肥満度の影響を受けず

普段から速く歩く人は肥満度による平均余命への影響をほとんど受けず、より遅く歩く人と比べて長生きするという英国立衛生研究所(NIHR)の研究成果が発表された。
05/19 22:45

ペットも高齢化社会、肥満や生活習慣病は予防医療を

動物に対する医療が進化した結果、犬や猫などのペットにも高齢化が進んでいる。
05/09 08:59

慢性的なストレスと高カロリー食品の組み合わせが肥満を加速

慢性的なストレスと高カロリーの食品の組み合わせが肥満への負のスパイラルを生む、という研究成果をオーストラリア・ガーバン医療研究所の研究グループが発表した。
05/02 09:20

睡眠時間と甘いものへの欲求には関連がある アメリカの研究

アメリカのミシガン州立大学は、科学誌『フード・クオリティ・アンド・パフォーマンス』に、睡眠と甘いものへの欲求についての研究結果を発表した。
03/23 18:01

ワカメを食べると血糖値などの上昇を抑制 理研ビタミンが確認

ワカメスープなど乾燥ワカメを使った家庭用食品を製造・販売している理研ビタミン(東京都千代田区)は19日、ワカメを食べることによって、食後の血糖値の上昇やインスリンの分泌が抑えられることを、人による試験で確認したと発表した。
03/20 11:12

インフルエンザ本格流行直前 ワクチン不足を乗り切るスーパーフード

毎年、この時期になると話題になりはじめるのが「インフルエンザ」だ。
12/09 20:09

低タンパク質・高炭水化物の食事で脳の老化が予防できる可能性 シドニー大の研究

シドニー大学が科学雑誌『セル・リポーツ』に、新たな研究結果を発表した。
12/04 11:16

ソフトドリングに課される「砂糖税」、世界22カ国が導入 今後の展望は

世界保健機関(WHO)の最新の報告によれば、全世界の20億人が太りすぎであり6億5千万人が肥満であるという。
11/12 08:47

 1 2 3  次へ進む