Oxford Dictionariesが選ぶ2019年を代表する言葉は「climate emergency」

Oxford Dictionariesは21日、「climate emergency」を2019年を代表する言葉「Word of the Year 2019」として発表した。
11/27 09:22

電気自動車の認知度6割 購入しない理由「価格が高いから」7割

地球温暖化や持続可能な社会という観点からCO2排出量の少ない環境に優しい車が注目されている。
11/20 09:25

温暖化で日本近海のコンブが激減するとの予測 北大の研究

地球温暖化は海洋資源の分布変化をもたらす。
10/31 18:47

ブラジル熱帯雨林、このままだと2021年には修復不可能になるという報告書

ピーターソン国際経済研究所のMonica de Bolle氏が発表した報告書によれば、ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領によるアマゾン開発推進がこのまま進んだ場合、2021年にはアマゾンの熱帯雨林は修復不可能な転換点を超えて破壊されるという(The Guardian、Slashdot)。
10/29 09:19

日本の温暖化対策は意外と手頃? 経済への影響は小さい 京大などが算出

地球温暖化の対策として、日本が打ち出している「2050年に温室効果ガス排出量を8割削減」の目標について、京都大学などの研究グループは21日、目標を実現するためのコストは従来考えられていたより、かなり少なくて済むとの研究結果を発表した。
10/22 17:46

ZEHの補助金対象が高層マンションへ! 住宅に対する環境意識が高まる

環境問題と聞いて、真っ先に「地球温暖化」を思い浮かべる方も多いだろう。
09/29 20:30

原子力発電の温暖化対策効果は弱いとの調査レポート

原子力発電所はコストや建設にかかる時間などの点から地球温暖化対策としての効果が弱い、とのレポートが公開された。
09/28 21:12

製氷潜水艦で北極圏に氷山をリリースするというアイデア

地球温暖化の影響で、北極の氷河が融解しつつあることが報じられている。
08/23 08:57

将来の自動車はどうなる? 生き残るのは何か

将来生き残る自動車は、従来からのガソリン車やディーゼル車といった「内燃機関」を動力源にした車と、燃料電池車(FCV)の様な「未来型」の電気自動車(EV)になるだろう。
08/08 17:50

ZMP、自動運転車両の新モデルに三井化学のバイオマスプラスチック原料採用

三井化学と三井化学SKCポリウレタンは23日、バイオマスプラスチック原料のバイオポリオール「エコニコール」が、ZMPが販売する自動運転車両の新モデル「Robocar Walk」に採用されたと発表した。
07/23 19:35

温暖化の影響で今後米国の都市も暑くなるとの予想

日本や欧州ではここ数年異常な猛暑が発生しており、これは地球温暖化が原因と言われている。
07/19 21:21

堀場製作所、「はかる」技術の強化で連続最高収益更新へ挑む

堀場製作所は6月21日、中国上海に100%出資子会社「厚礼博投資有限公司」を、資本金約33億円で7月に設立し、中国グループ会社の統括、ファイナンス及び資金管理を行うと発表した。
06/30 15:39

地球温暖化で気候アパルトヘイトが発生 国連報告書

国連の人権専門家Philip Alston氏は、気候変動により「気候アパルトヘイト」とも呼ぶべき現象が起きる可能性を指摘している。
06/29 14:04

マツダ・RX-9の登場はあるのか? 開発が遠のくロータリーエンジンの現実

マツダのロータリーエンジン搭載車のうわさは絶えない。
06/28 06:58

サンデン、急拡大する中国のEV市場に向けてヒートポンプを本格展開

サンデン・オートモーティブクライメイトシステムは、中国の自動車市場で最大のシェアを持つ上海汽車に対し、電気自動車用ヒートポンプの提供を本格的に開始した。
06/24 18:50

ホンダ高熱効率エンジン CVCCエンジンを彷彿させるプレチャンバー・ジェット燃焼

EV時代になり、ますますエンジンの熱効率競争が激しさを増している。
06/17 10:35

富士通、社内でのペットボトル飲料を全廃 海洋プラスチックごみ削減へ

富士通は11日、社内の顧客対応エリアやカフェにおいて、プラスチックごみの原因となるペットボトル等のプラスチック飲料容器やストローの使用をとりやめると発表した。
06/11 17:39

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ進む