ホーム > ニュース一覧 > 経済 > 原油(1)

原油のニュース

相場展望10月25日 中国、不動産税導入で景気後退・世界経済悪影響 日本株は、衆議院総選挙結果次第で揺らぐ可能性

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)10/21、NYダウ▲6ドル安、35,603ドル(日経新聞) ・IBMの7~9月期決算発表は予想を下回ったことが嫌気されて株価は▲10%急落、1銘柄でNYダウを▲90ドル近く下げて、重荷になった。
10/25 10:13

やはり今回も最強だった! 解散総選挙のアノマリーと「原油高」の行方 後編

日本の株式市場における海外投資家の売買動向は、JPX(日本取引所グループ)が公表している投資部門別売買状況にて確認できるが、その公表は毎週第4営業日午後3時となっている。
10/21 16:02

やはり今回も最強だった! 解散総選挙のアノマリーと「原油高」の行方 前編

アノマリーとは「法則や理論からみて説明できない事象」を指すが、金融においてのアノマリーは「経験的に予測できる値動きの規則性」と表現するほうがふさわしい。
10/21 11:46

相場展望10月21日 米国株式にとって、長期金利上昇は要注意 外国人投資家に振り回される、日本株

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)10/18、NYダウ▲36ドル安、35,258ドル(日経新聞より抜粋) ・中国の7~9月期実質国内総生産(GDP)が前年同月比+4.9%と、4~6月期+7.9%から減速したのを受け、中国景気の影響を受けやすい銘柄の売りが先行した。
10/21 09:44

新潟市秋葉区で原油の流出が増加し問題に

過去に原油が採掘されていた新潟市秋葉区で、今年に入って原油が湧き出る量が増加したことが問題となっているそうだ。
10/14 11:18

物価高に備えよ! 円安・原油高に翻弄される次期政権と、ほくそ笑む黒田日銀総裁 前編

円安が止まらない。10月12日のニューヨーク時間では、コロナ禍直前の最高値1ドル112円20銭を超え、1ドル113円70銭に到達した。
10/13 15:57

14日より再上昇? 海外投資家に翻弄される日経平均株価 後編

菅前首相の辞任より急上昇した日経平均株価は、岸田新首相の誕生と共に大きく下落、心理的節目とされている200日移動平均線をもあっさりと割り込み、27,000円という大きな節目へ再び向かおうとしている。
10/06 18:21

EV車は前途洋々か?

EV車推しの元祖、中国で電力不足が深刻化している。
10/06 16:33

コモディティ・スーパーサイクルをどう乗り切る!?

2021年に入り、様々な物価の上昇が起きている。
10/01 18:25

ブリヂストン、2Q累計の売上収益は前年比24%増と伸長 タイヤ需要回復の中、補修用を中心に販売を伸ばす 

菱沼直樹氏(以下、菱沼):財務を担当しております菱沼でございます。
09/17 07:52

ハリケーン「アイダ」で原油価格上昇 今後の影響は?

大型ハリケーン「アイダ」が8月29日(現地時間)、米国南部に上陸し、甚大な被害をもたらしている。
08/31 16:59

米軍アフガン撤退の影響と、バフェットも指摘するESG投資との不都合なアンバランス 後編

世界の警察であることを止め、パリ協定を脱退するなど、時流に逆らうような反グローバリズムかつナショナリズム回帰の姿勢は、決してトランプ前大統領の独自路線ではなく、国力の振り先を考え直し、アメリカを再び強い国に戻さなければならないという原点回帰の時期が来たと解釈したほうがよい。
08/18 08:01

「良いインフレ」を目指すFRB議長証言と「1人負け」日本株式市場の行方 前編

OPECプラスの協調減産(減産縮小)合意にも関わらず反落した7月中旬のアメリカ株式市場は、翌週19日より堅調に上昇しており、ナスダックに続いてダウ平均株価も史上最高値を更新した。
07/30 07:54

OPECプラス合意で原油価格はどうなる?

●交渉が難航していたサウジとUAEが合意  ロイター通信などの報道によると、OPECプラスは18日に開催した閣僚級会合において、協調減産を8月から12月まで、毎月日量40万バレルずつ縮小することで合意したという。
07/20 16:39

祭りの後がバブルの崩壊 米インフレリスク鈍化と日本市場の危機 前編

7月19日(月)の市場は、株式、商品、為替と共に大きな変動に見舞われた。
07/20 16:11

原油高懸念を払しょくできるか? FRB議長による議会証言 後編

「インフレは一時的であり、利上げは急がない」として市場への平静を呼びかける一方で、高騰し続ける原油価格に対しては穏やかではないというのがFRBの本音である。
07/13 16:08

原油高懸念を払しょくできるか? FRB議長による議会証言 前編

7月2日(金)公開された6月の米雇用統計については、強弱入り混じった結果となり、為替の動きも総じて緩慢、株式市場も落ち着きを取り戻している状況である。
07/13 07:06

OPECプラスの協議難航、さらなる原油高か

石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟産油国で構成するOPECプラスによる、8月以降の協調減産の協議が難航している。
07/05 16:44

相場展望6月24日 今回の下落は『不安心理のガス抜き』で、 『正常化に向かって徐々に慣れさせる』FRBの手法か?

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)6/21、NYダウ+586ドル高、33,876ドル ・前週の下落が過剰反応との見方が出たうえ、世界経済の力強い回復が株高を支えるとの見方が改めて広がった。
06/24 09:36

イエレン米財務長官の発言から始まった「一時的な」リスクオフ相場と今後の展開 後編

テーパリング(金融緩和の終了)の際に、株安・リスクオフ相場に向かうのはなぜか。
06/23 08:59

原油減産の縮小から見える景気回復

ロイタ―通信によると、OPECプラスは1日の閣僚級会合で、協調減産を7月までに段階的に縮小する方針を確認した。
06/03 16:59

スエズ運河座礁でどうなる原油価格

3月23日にエジプト・スエズ運河で正栄汽船(愛媛県今治市)所有のエバーギブンが強風と砂嵐で座礁し、29日に離礁するまでスエズ運河を塞いだ。
04/02 16:50

原油高が及ぼす様々な影響とは

8日、原油先物は上昇。北海ブレント原油先物5月限は、コロナ後初の1バレル=70ドル台を突破した。
03/09 17:37

ドル保有のスワップポイントによる資産運用、米長期金利が1.5%超の間はメリットか

アメリカ大統領にバイデン氏が就任して以降、ドル/円の為替相場が反転し、1月6日の1ドル102.592円を大底にして急激なドル高・円安トレンドに突入した。
03/06 18:58

 1 2 3 4  次へ進む