1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ライフ
  4.  > 健康
  5.  > がん(1)

がんのニュース一覧

名古屋大学の研究チームが開発したナノサイズの酸化亜鉛ナノワイヤ装置(名古屋大学の発表資料より)

名古屋大学医学研究科の研究グループは9日、尿中に含まれる1本鎖の短鎖RNA、マイクロRNAを測定することで、100%に近い精度で脳腫瘍が測定できる方法を開発したと発表した。 04/11 07:22

老化に伴う葉酸代謝物の蓄積とがん化のメカニズム(画像:理化学研究所報道発表資料より)

理化学研究所や関西学院大学などは6日、ショウジョウバエについて、老化によって腸幹細胞ががん化する仕組みを解明したと発表した。 04/07 17:34

エーザイ、長期化するCOVID-19の影響下でも増収を達成 将来の企業価値のための先行投資を断行

柳良平氏(以下、柳):それではCFOの柳より、財務セクションにつきご報告申し上げます。 03/11 07:22

TNIK阻害薬により骨肉腫を脂肪細胞へ変化させる様子(画像: 国立がん研究センターの発表資料より)

国立がん研究センター、慶應義塾大学などは5日、がんの1種である骨肉腫の細胞を無害な脂肪細胞に変化させることに成功したと発表した。 02/07 16:03

第一三共、研究開発費の増加、「エンハーツ」に係る費用増等により3Qの営業利益は前年比-42.5%

齋寿明氏:齋でございます。 02/06 15:31

2月7日・8日の企業産業欄に『オリンパスの挑戦:上・下』を投稿した。 12/16 17:11

DNAの両端に存在するテロメア部分に見られる塩基の繰り返し配列に、選択的に結合する化合物を開発し、蛍光化合物を付着させたイメージ図。蛍光マーカーは「SiR-TTet59B」と名付けられ、テロメアの働きを観察することができる。(c) 高宮ミンディ/京都大学アイセムス

京都大学は2日、生きた細胞のテロメアを簡便にリアルタイムで可視化する新しい手法を開発したと発表した。 12/05 11:24

(画像: 京都大学の発表資料より)

京都大学大学院の三宅正裕特定助教、辻川明孝教授、中野絵梨博士課程学生を中心とした研究グループは、長浜スタディの9850人の日本人データを解析し、コーヒーをよく飲む人の眼圧が低いことを発見した。 11/12 17:48

(図1)抗犬 PD-1 犬化抗体の作製(画像: 山口大学の発表資料より)

犬のがんを治療する「免疫チェックポイント分子阻害剤」を山口大学の水野拓哉教授、伊賀瀬雅也助教らの研究グループが、日本全薬工業と共同で開発した。 11/03 11:51

2020年のノーベル化学賞はドイツ・マックスプランク感染生物学研究所のエマニュエル・シャルパンティエ氏(フランス出身)と米カリフォルニア大学バークレー校のジェニファー・A・ダウドナ氏が共同受賞した。 10/08 17:23

メドゥーサウイルスと宿主が共存して進化することで、細胞核を獲得したとする説(画像:東京理科大学の発表資料より)

細胞と異なり、宿主の生物に感染することで増殖するウイルス。 09/12 16:01

研究の概要 (c) 東北大学

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9日、国際宇宙ステーション(ISS)でマウス実験を実施した結果、宇宙環境でのストレスによる加齢を阻止する遺伝子を突き止めたと発表した。 09/10 12:18

励起波長を変えることで、様々な深度のがん組織を観察することができる(画像: 山口大学の発表資料より)

ナノ医学という言葉を聞いたことがあるだろうか。 08/31 06:35

子宮頸部の正常組織(左)と子宮頸がん(右)。組織を切らずにがん診断が可能に。(写真:日本医療研究開発機構の発表資料より)

日本医療研究開発機構は23日、ヒト組織を切らずに子宮頸部を可視化する方法を開発したと発表した。 07/26 19:05

がんにおいては、最初にがん細胞が発生した場所とは違う場所に移動し、そこでがん細胞が増えていく「転移」が発生することが知られている。 06/02 18:49

映画監督の大林宣彦(おおばやし・のぶひこ)さんが肺がんのため、4月10日19時23分に東京都世田谷区の自宅で死去した。写真:大林宣彦監督

映画監督の大林宣彦(おおばやし・のぶひこ)さんが肺がんのため、4月10日19時23分に東京都世田谷区の自宅で死去した。 04/11 10:17

製パン大手の山崎製パンが、食パンでの臭素酸カリウム使用を再開することを発表した。 03/16 16:30

64Cu-セツキシマブ腹腔投与によるOpenPETのイメージ。左は、量研が開発したOpenPET(ヒトサイズ)。右は、64Cu-セツキシマブを腹腔投与し、OpenPETで撮像したマウス膵臓内の3 mm大の早期膵がん。(画像: 量子科学技術研究開発機構の発表資料より)

量子科学技術研究開発機構(量研)は10日、微小な膵がんの画像診断法を開発したと発表した。 03/14 17:04

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告