防衛省のニュース(ページ 2)

コマツ、自衛隊向け新規車両の開発から撤退

自衛隊の軽装甲機動車や装輪装甲車などを開発してきた小松製作所(コマツ)だが、採算が取れないことから、今後は自衛隊車両の新規開発事業を行わない方針であることが明らかになった。
02/22 23:26

自衛隊、「統合作戦室」(仮称)を設置へ

防衛省が陸上・海上・航空自衛隊を一元的に指揮する「統合作戦室」(仮称)を設置する方針とのこと(産経新聞、共同通信、ロイター、日経新聞)。
12/12 09:34

首相のG20出席にも利用 政府専用機の運用方法とは

防衛省・自衛隊は28日付「お知らせ」において『内閣総理大臣のG20ブエノスアイレス・サミット出席、ウルグアイ及びパラグアイ訪問に当たり、平成30年11月29日(木)から12月4日(火)までの間、政府専用機の運航を実施します』と発表した。
11/29 09:26

川崎重工業、2Q経常益はマイナス149億円の大幅減 利益の通期予想も下方修正

富田健司氏:みなさん、こんにちは、富田です。
11/07 23:01

海自、潜水艦乗組員における女性制限を撤廃

防衛省が、女性自衛官を海上自衛隊の潜水艦の乗組員として登用する方針を固めたそうだ。
09/03 22:52

トランプ米大統領、「宇宙軍」設立に動き出す

「宇宙軍は、2020年までに作る予定だ」とドナルド・トランプ米大統領は、以前からいっていたが、ジム・ブリデンスティン米航空宇宙局(NASA)長官は8月26日、米保守系紙ワシントン・エグザミナーのインタビューで「宇宙軍は、これからのアメリカに必要不可欠だ」と証言した。
09/02 20:56

北海道で日米共同訓練、9月10日から

防衛省は23日、沖縄の基地負担軽減の一環で、9月に予定している日米共同訓練を北海道で行うと発表した。
08/26 13:00

SUBARUが民間向け最新型ヘリコプターでベル社と協業

SUBARUは、民間型最新ヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」の開発において、アメリカのベル・ヘリコプター・テキストロン社と協業すると発表した。
07/18 08:07

IHI、次世代戦闘機に向けたエンジンの試作品を納入

IHIが6月29日、防衛装備庁に戦闘機用エンジンの試作品を納入したそうだ(防衛省の発表PDF、IHIの発表)。
07/04 10:38

米マティス国防長官、米韓軍事演習中止は北との交渉を後押し

米国・マティス国防長官は29日、小野寺五典防衛大臣との会談後に、共同記者会見し、米韓合同軍事演習を中止することになったのは米朝首脳会談での合意の実効へ米国外交官の交渉を後押しするためである旨を語った。
07/01 23:58

防衛相、秋田・山口訪問を調節 イージスアショア配備で

小野寺五典防衛大臣は19日の記者会見で、陸上型弾道ミサイル迎撃システム「イージスアショア」の秋田県と山口県への設置に向け、地元の理解と協力、地元住民らが懸念している課題の払拭へ自らも両県を早期に訪ねたいとし、調整中だとした。
06/21 08:58

防衛相、米軍によるF22ステルスの嘉手納暫定配備を評価

小野寺五典防衛大臣は5日の記者会見で米空軍が米朝会議を前にF22ステルス戦闘機を嘉手納基地に暫定配備したことへの受け止めを記者団に聞かれ「米側からF22戦闘機14機が5月30日から約1ヶ月間、暫定展開する旨の連絡があり、30日までに10機が飛来していることを確認している。
06/06 11:04

F2戦闘機の後継は日本主導で国際開発か 防衛省が検討との報道

「平成の零戦」とも呼ばれ、2000年から日本の空を守ってきたF-2戦闘機。
05/28 11:31

SUBARU、ボーイング777X型初号機中央翼が完成 出荷式を実施

SUBARUは、同社航空宇宙カンパニーの愛知県半田工場において、米国ボーイング社の大型旅客機777X型機の初号機用中央翼の製造、および主脚格納部の組立結合を完了し、中央翼ワークパッケージを完成し、初出荷に臨んだ。
02/14 11:56

沖縄防衛局、海上警備に1億9千万円過大支払い

会計検査院が8日、安倍晋三総理に提出した2016年度決算検査報告で、沖縄防衛局が2015年7月から翌年10月までの間に民間会社と契約した海上警備費に約1億9000万円の過大支払いがあったことが分かった。
11/10 19:43

防衛省、昨年度の懲戒処分者は1000人超 免職120人に

防衛省は28年度中の懲戒処分者が1000人を超えたと発表した。
10/30 10:43

小野寺防衛相、住民不安の米軍訓練あってはならない

小野寺五典防衛大臣は「安全保障環境が厳しさを増しており実践的な訓練を行うことは重要だが、訓練が地域住民に不安を与えることは決してあってはならない」と18日までの記者会見で語った。
10/19 07:00

航空自衛隊の緊急発進、今年度上期は561回 前年度より33回減少

今年4月から9月までの間の緊急発進件数が561回と前年度同期に比べ33回減少した。
10/18 11:11

小野寺防衛相、安全保障で選挙中も都内に待機

小野寺五典防衛大臣は26日の記者会見で「(25日の総理の記者会見で)北朝鮮問題について力強い外交を進め、北朝鮮に対し国際社会とともに毅然とした対応をとっていくということについて、国民に信を問うというお話があったかと思う」と10月22日の総選挙の国民に信を問うひとつに、対北朝鮮対応が含まれているとした。
09/27 07:37

日米韓、北朝鮮ミサイル探知・追跡の訓練実施へ

韓国・聯合ニュースは18日、韓国国防部の情報として、今月から10月初めまでに「韓米日で北朝鮮ミサイルを海上で探知・追跡する訓練」を実施する計画と伝えた。
09/19 07:23

防衛省でPC盗難、職員逮捕 目的は換金

新宿区の防衛省庁舎内からPC17台を盗み出したとして、防衛省職員が逮捕された。
09/08 21:37

小野寺防衛相、電磁パルス攻撃への防衛手段は研究中

小野寺五典防衛大臣は5日の記者会見で、北朝鮮が電磁パルス攻撃もできるということを表明していることを受けての日本の対応について聞かれ「EMP(電磁パルス)弾については防衛省も防御手法等を兼ねてから研究している」とし「平成30年度概算要求の中にもEMP弾の試作研究や防護技術の研究予算を計上している」と答えた。
09/06 11:27

安倍首相、ミサイル防衛で抜本的能力向上目指す

安倍晋三総理は4日の政府与党連絡会議で北朝鮮の核実験を受け「世界の平和を脅かす北朝鮮の暴挙を止めることができるかどうかは国際社会が連携・連帯していくことに懸かっている」とし、国際社会との連携に全力をあげていく考えを示した。
09/05 11:28

前へ戻る   1 2 3 4 5 6  次へ進む