レクサス、松山英樹のメジャー初制覇記念し「HIDEKI MATSUYAMA EDITION」発売

2021年6月7日 07:25

小

中

大

印刷

レクサスの特別仕様車3種と松山英樹選手(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

レクサスの特別仕様車3種と松山英樹選手(画像: トヨタ自動車の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 レクサスは、プロゴルファー松山英樹のメジャー初制覇を受け、「LS」「LC」「RX」の3車種に特別仕様車「HIDEKI MATSUYAMA EDITION」を追加し、それぞれ10台限定で発売した。商談申し込み(抽選)は、6月4日から17日まで受けつける。

【こちらも】新型レクサス「NX」、6月12日に初披露へ これまでのNXを振り返る

 松山は、4月11日(現地時間)に米ジョージア州で行われたマスターズにおいて優勝。これが日本人として初めてのメジャー制覇となった。松山は2014年1月からレクサスと所属契約を結んでいた。

 LSは1989年のアメリカデビュー以来、レクサスの高級セダン部門として活躍。LCはモータースポーツでも活躍歴を持つクーペスタイル。RXはレクサスのクロスオーバーSUV部門を担うプレミアムモデルだ。

 レクサスが今回発表した特別仕様車は、それぞれLS500h/LS500 version L、LC500h/LC500 “L package”、RX450h/RX300 “version L”がベースになっている。ガソリンモデルとハイブリッド両方にスペシャルモデルが加わっているため、エンジンタイプを問わずに付加価値を味わえるチャンスだ。

 各特別車両はゴルフ場の自然豊かな雰囲気をイメージしている。専用カラーとして外板色テレーンカーキマイカメタリックや、ブラック&オーカーの内装など、新しい大人の魅力を引き出すデザインに仕上がった。

 特別仕様車の売上の一部は、ジュニアゴルファー育成支援活動に寄付する。これは松山による、日本のゴルファーの育成支援という希望に寄り添ったものとなる。

 特別仕様車の価格は、LSが1,501万円~1,694万円、LCが1,437万円~1,487万円、RXが732万円~877万円(価格はいずれも消費税込)。

関連キーワードレクサス(LEXUS)特別仕様車ゴルフ(スポーツ)松山英樹

関連記事

広告