日産、新型EV「アリア」の予約受付開始 限定車「limited」発表

2021年6月5日 16:50

印刷

日産アリア limited(画像: 日産自動車の発表資料より)

日産アリア limited(画像: 日産自動車の発表資料より)[写真拡大]

 日産自動車は4日、新型クロスオーバーEV「アリア」に日本専用の特別限定車「アリア limited」を設定すると発表。新たに開設したアリア専用のグローバル予約サイトにおいて、予約受付を開始した。

【こちらも】「NISSAN GTR NISMO」2022年モデルを先行公開 発売は10月予定

■アリア専用グローバル予約サイト

 日産は、世界的に加速するデジタルシフトに対応することを目的に、オンライン購入や予約が可能となるアリア専用グローバル予約サイトを開設した。

 日本国内で予約、購入検討や商談などを行う場合は専用会員サイト「クラブアリア」に入会する必要がある。会員サイトに登録し初期セットアップを完了すると、ウェブマガジンや会員限定イベント、バーチャルアリアといった情報にアクセスできる。

■日産アリア limited

 日産アリアは、66kWhバッテリー搭載車(B6)の2WDとe-4ORCE(4WD)、91kWhバッテリー搭載車(B9)の2WDとe-4ORCE(4WD)の4グレードが発売される。この4グレードのいずれにも予約注文限定の「limited」が設定される。また今回予約受付を開始したのも、いずれも「limited」となっている。

 アリアは、日本の伝統美や力強い美しさを、「タイムレス ジャパニーズ フューチャリズム」として表現している。エクステリアはなめらかなデザイン、インテリアはラウンジにいるかのような心地よい空間を目指して開発。4眼LEDヘッドランプ、組子を立体的に再現したイルミネーションロゴや、インテリアのアドバンスド アンビエント ライティング、前後最大150mm移動する電動センターコンソールボックスを装備する。

 アリア limitedは、プロパイロット2.0やプロパイロット リモート パーキング、パノラミックガラスルーフ(電動チルト&スライド、電動格納式シェード付、リモート機能付)、ナッパレザーシート(ブルーグレー)を標準装備。さらにサウンドシステムとしてBOSE Premium Sound System&10スピーカーを標準装備とし、上質感をあらわしている。

 ボディカラーは、バーガンディー/ミッドナイトブラック2トーンと、シェルブロンド/ミッドナイトブラック2トーンの2色を特別塗装色として用意。

 その他の装備としては、limited専用色19インチアルミホイールカバー、専用キッキングプレート、専用色フロアカーペット“石庭調”を採用。アリア limitedの価格は、2WDのB6 limitedが660万円、B9 limitedが740万0,800円、4WDのB6 e-4ORCE limitedが720万0,600円、B9 e-4ORCE limitedが790万0,200円となっている。

 なお、今後発売される標準車の価格は、自治体からの補助金などを差し引き、実質約500万円からとなる予定だ。(記事:キーパー・記事一覧を見る

関連キーワード日産自動車特別限定車アリア

関連記事