NVIDIAがCPU事業に参入へ ARMベースデータセンター向けの「Grace」発表

2021年4月14日 08:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

NVIDIAは4月12日、CPU事業に参入することを発表した(NVIDIA公式ブログクラウドWatchITmedia日経新聞)。

製品のコードネームは「Grace」となっており、COBOL開発で知られるグレース・ホッパー氏から取られている模様。クラウドWatchの記事によれば、Armが新開発したデータセンター向けのCPUコアIPデザイン「Neoverse(ネオバース)」を元にした製品だそう。Graceは大規模AIおよびHPC専用のCPUとして設計され、同社のGPUとGrace組み合わせることで、大規模なディープラーニングモデルの処理能力が今日の最速サーバーの10分の1に短縮されるらしい。 

スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 人工知能 | ニュース

 関連ストーリー:
NVIDIAがソフトバンクGからARMを買収と発表。ソフトバンクGはNVIDIAの筆頭株主になる可能性も 2020年09月14日
英Arm、ソフトバンクにIoTデータ部門を移管する計画を中止。IoT事業を独立へ 2020年08月27日
NVIDIAがソフトバンクグループとArm買収交渉中と報じられる 2020年08月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNVIDIAディープラーニング(深層学習)ARM

関連記事