EV充電のe-Mobility Power社、150億円調達 トヨタや日産、ホンダ、三菱自など出資

2021年4月9日 08:23

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

東京電力がCHAdeMO 協議会の活動において培った開発・国際標準化の知見等も活かしe-Mobility Powerの資金力を強化、NCS からの事業承継により引き継いだ全国約2万1700 基の充電ネットワークを拡充する 写真はCHAdeMO充電器

東京電力がCHAdeMO 協議会の活動において培った開発・国際標準化の知見等も活かしe-Mobility Powerの資金力を強化、NCS からの事業承継により引き継いだ全国約2万1700 基の充電ネットワークを拡充する 写真はCHAdeMO充電器[写真拡大]

写真の拡大

 東京電力ホールディングス(HD)および中部電力が共同出資をするEV充電設備運営会社、e-Mobility Power社は第三者割当で150億円を調達したと発表。同時に合同会社日本充電サービス(NCS)と2021 年2 月5 日に吸収分割契約を締結し、4 月1 日付でNCS が運営する電動車両に対する充電サービス事業や充電ネットワークサービス事業等を承継したと発表した。

 今回の資金調達、東京電力HD、中部電力、ならびにトヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、三菱自動車の自動車メーカー4 社、および日本政策投資銀行の7社が、e-Mobility Powerの総額150 億円の第三者割当増資による株式を引き受け、東京電力HD と中部電力が増資をし、自動車メーカー4 社と日本政策投資銀行が新規に出資をし、e-Mobility Power は7 社による新たな株主構成となったことで達成した。

 e-Mobility Power は、東京電力HD および中部電力がこれまで電気事業を通じて培った工事・保守・メンテナンス技術や電力インフラの運用ノウハウに加え、東京電力HDがCHAdeMO 協議会の活動において培った開発・国際標準化の知見等も活かしながら、電力会社、自動車メーカー4 社、日本政策投資銀行の協力体制のもとNCS からの事業承継により引き継いだ全国約2万1700 基の充電ネットワークを拡充し、ユーザーにリーズナブルで使い勝手の良い充電環境を提供することで、電動車両の普及を促進し、カーボンニュートラル社会の実現に貢献していくとしている。

 ただ、一部報道によると、国内の充電インフラの課題について、e-Mobility Powerは充電インフラの整備状況の認知度の低さや、採算性の低い空白エリアへの充電インフラ設置を挙げている。また、都心の充電スポットも、有料駐車場や自動車ディーラーなどに偏っていると指摘している。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
車載用Liイオン電池市場好調。自動車市場の世界的低迷もxEVが伸び、連動し拡大
トヨタ、いすゞ、日野の3社 商用車事業で協業 CASE対応に加速
自動車関連企業で技術開発協力が盛ん。他国企業や異業種とも積極的な連携

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード本田技研工業トヨタ自動車三菱自動車日産自動車東京電力中部電力

関連記事