シャープ、堺ディスプレイプロダクトの売却を中止へ

2021年3月16日 08:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

シャープは12日、2月25日に発表した堺ディスプレイプロダクト(SDP)の株式売却を中止すると発表した。売却先から買中止の申し入れがあったためとしている。売却予定日は3月15日だった。発表では売却中止による2021年3月期の連結業績に与える影響はないとしている(シャープリリース[PDF]ロイター日経新聞)。

その3月12日に同社は決算を発表している。この決算発表は連結子会社「カンタツ」の不適切な会計処理の疑いから延期されていたもの。発表によれば、2021年3月期第3四半期(2020年4~12月)の売上高は前年同期比3.8%増の1兆8168億円。経常利益は438億円で前年同期比の26.6%減となったとしている(シャープリリース[PDF]CNET)。

あるAnonymous Coward 曰く、  https://srad.jp/story/21/02/28/2140242/

  情報元へのリンク

 スラドのコメントを読む | ビジネス | スラッシュバック | アナウンス

 関連ストーリー:
シャープ、液晶パネル製造会社である堺ディスプレイプロダクトを売却 2021年03月01日
往年のポケコン復活のため液晶パネルを個人で発注 2021年02月03日
家庭用蓄電池の設置件数が急増中 2021年01月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードシャープ

関連記事

広告