AMD、ザイリンクスを買収。買収額は3兆6000億円

2020年10月28日 20:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

少し前から噂はあったが、AMDは半導体メーカーのXilinx(ザイリンクス)を買収したと発表した(AMD日経新聞Bloombergロイター)。

AMDは株式交換により350億ドル(約3兆6600億円)相当でXilinxを買収するという。Xilinxの得意とするFPGA分野を強化する意図があるされる。最近はデータセンターでは、人工知能(AI)の利用の拡大から、CPUに変わってFPGAの利用が増加している。ライバルであるインテルは2015年にFPGAに強いアルテラを167億ドルで買収しており、AMDはXilinxの買収でIntelに対抗するものと見られている。

なお買収には、株主および中国を含む各国規制当局による承認が必要とされる。AMD側は2021年末の買収完了を目指しているとのこと。 

スラドのコメントを読む | AMD

 関連ストーリー:
IntelやQualcomm、Xilinx、BroadcomがHuaweiへの部品供給を停止 2019年05月21日
名刺サイズのスパコン、販売開始 2014年11月10日
AMD、機密文書持ち出しの疑いで元幹部ら 4 人を提訴 2013年01月21日
AMDを超えたQualcomm、目指すはインテル 2012年10月25日
Cray-1を自作する 2010年09月01日
20 億ドルの iFund 始動 2010年04月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード人工知能(AI)Intel買収半導体

関連記事

広告