ホンダ、「Honda e」をホームページで先行公開 8月に正式発表へ

2020年8月2日 18:03

小

中

大

印刷

Honda e(画像:本田技研工業の発表資料より)

Honda e(画像:本田技研工業の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ホンダは7月31日、ホームページにて電気自動車「Honda e」を先行公開した。正式な発表は8月中の予定としており、今後大きな注目を集めそうだ。

【こちらも】ホンダ、新型EV「Honda e」がドイツのデザイン賞「Red Dot」最高賞受賞

 2017年の独フランクフルトモーターショーにおいて、「アーバンEVコンセプト」という名前で初公開となったHonda e。愛嬌あふれるスタイルとEVとしての最先端を行くテクノロジー、ホンダのステータスであるスマートな走行性能などが話題だ。日本でも昨年の東京モーターショーなどで一般公開されており、発売を待つ人も多いだろう。

 Honda eは2020年に、車の最優秀デザインを決める賞として世界的な権威を持つ「レッド・ドット・デザイン賞」を受賞。シンプルながら個性の詰まった魅力は、高い評価を受けている。

 欧州市場では2019年に発表済みで、欧州仕様によると、全長3895mm×全幅1752mm×全高1512mm、2530mmのホイールベースとなっている。ヤリスなど既存の人気コンパクトカーよりも小さくまとまっており、かっこよさやおしゃれ感を押し出しがちな従来のEVとは一線を画したイメージだ。

 「ワイドスクリーン Honda コネクトディスプレー」という2画面にわたるタッチパネルモニターに加え、「サイドカメラミラー」というドアミラー代わりのパーツなど、すでにオリジナリティにあふれた特徴が分かっている。

 「Hondaパーソナルアシスタント」では、AIが音声認識や情報提供を努めるなど、ドライバーへのサポート機能の充実もうかがえる。蓄電量35.5kWのリチウムイオンバッテリーのおかげで、WLTCモードにしてフル充電により約210~220kmの航続距離を実現できるそうだ。

 ホンダの新たな街乗りスタイルのアイデアとして、これまでも大々的に宣伝されてきたHonda e。日本における正式な発売スケジュールや価格などは未定だが、今後の動きに注目が集まる。

関連キーワード本田技研工業電気自動車Honda e

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース