マツダ 「MX-30」、今秋日本発売へ マイルドHVモデルも登場

2020年7月31日 19:09

小

中

大

印刷

MAZDA MX-30 マイルドハイブリッドモデル(画像: マツダの発表資料より)

MAZDA MX-30 マイルドハイブリッドモデル(画像: マツダの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • MAZDA MX-30 e-SKYACTIV G バッチ(画像: マツダの発表資料より)
  • フリースタイルドア(画像: マツダの発表資料より)
  • MAZDA MX-30 マイルドハイブリッドモデル インテリア(画像: マツダの発表資料より)
  • MAZDA MX-30(画像: マツダの発表資料より)
  • MAZDA MX-30 マイルドハイブリッドモデル(画像: マツダの発表資料より)
  • MAZDA MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)

 マツダは31日、同社初の量産EV(電気自動車)であるコンパクトSUV「MAZDA MX-30(エムエックス サーティー)」を2020年秋より日本に導入すると発表した。

【こちらも】マツダのBEV・MX-30登場 「Well to Wheel」(油田からタイヤまで)はどこにいった?

 今回日本に導入されるモデルは、「e-SKYACTIVE」を搭載したEVモデルと、「MAZDA3」にも搭載されている直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」に、マイルドハイブリッドシステム「M HYBRID」を組み合わせた「e-SKYACTIV G」の2モデルとなる。なお、EVモデルに関しては2020年度中にリース販売をするとのことだが、市販化の時期は発表されていない。

■MAZDA MX-30の概要

 「MAZDA MX-30」は、2019年に開催された東京モーターショーでワールドプレミアされた。新世代商品群の第1弾である「MAZDA3」、第2弾の「MAZDA CX-30」、そして「MAZDA MX-30」が第3弾にあたる車両となる。

 デザインは「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」をベースに芸術性、表現の広がりを持たせた。さらに「Human Modern(ヒューマン モダン)」をコンセプトに磨きをかけたデザインとなっている。

 大きな特徴といえば、センターピラーをなくしたことにより観音式ドアを採用したフリースタイルドアだ。センターピラーがないことで開口部を大きくとることができ、乗り降りがしやすい構造となっている。また、自由な発想で多彩な楽しみ方を創造してもらうことも目的という。

 インテリアに開放感を持たせるため、センターコンソール周りは抜け感がある構造を採用。さらにコンソールトレイにはヘリテージコルクと呼ばれるコルク材を使用し、あたたかみがある仕様となっている。また、ドアトリムにはペットボトルが原料の繊維素材を用いることで、環境に配慮している。

 先進安全技術であるi-ACTIVSENSEは、中高速走行時の衝突被害を、ブレーキの自動制御で軽減するSBS(スマート・ブレーキ・サポート)に、交差点内で衝突事故を防止する機能を追加。さらに白線のない道路での逸脱回避を助ける、新技術も採用した。

 現時点でわかっている情報は以上だ。

■欧州仕様の装備を紹介

 実は英国では日本に先駆けて予約が始まっており、装備内容が少し判明しているので、そちらも紹介する。

 マツダエマージェンシーコールやコンディションモニターといった、各種コネクティッドサービスを提供する「My Mazda」では、エアコンの遠隔操作、最寄り充電ステーションの充電ケーブルの種類や、充電ケーブルの接続忘れ通知などを行ってくれる。

 その他では、フロントガラスに投影するヘッドアップディスプレイ、7インチTFTカラー液晶、8ウェイパワーシート、モーターのトルクを使用して前後の荷重移動を最適化することで車両安定性を向上する電動Gベクタリングコントロールプラス(e-GVCプラス)などが装備される。

 これらの装備がどれだけ国内向けに採用されるか不明だが、期待して発表を待ちたいところだ。(記事:キーパー・記事一覧を見る

関連キーワードマツダSKYACTIVSUVハイブリッド車電気自動車CX-3i-ACTIVSENSECX-30MX-30

関連記事

広告

財経アクセスランキング