トヨタとデンソー、電子部品事業集約について譲渡契約締結で合意

2019年4月9日 13:39

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

デンソーの電子部品は自動車内部のECUやインバータなど多岐にわたって配置され、トヨタ自動車グループの自動車メーカーを支える

デンソーの電子部品は自動車内部のECUやインバータなど多岐にわたって配置され、トヨタ自動車グループの自動車メーカーを支える[写真拡大]

写真の拡大

 トヨタ自動車およびグループ会社のデンソーは、昨年6月に両社の主要な電子部品事業をデンソーに集約することについて基本合意し、詳細について検討してきたが、正式に決定し、事業譲渡契約を締結することで合意したことを公開した。

 現在、グループの電子部品事業は、トヨタとデンソー双方で行なっており、今回の決定で今後、開発機能と生産事業をデンソーに集約する。

 自動車電子部品事業の分野で専門性の高いデンソーに集中させることで、スピーディかつ競争力のある開発・生産体制を構築するという。また、グループ内の重複業務を解消することにより発生したリソーセスを今後必要とされるモビリティの価値向上に向けた新たな領域にシフトするほか、リソーセスの最大活用を図りグループ全体の競争力を向上させていく構えだ。

 昨年の発表では、まず2019年末をめどに生産事業を、その後、2022年以降に開発機能を集約する方向で検討するとしていたが、円滑な事業譲渡を行ない、よりスピーディに新たな体制を実現するため、開発・生産事業をあわせて前倒しして、2020年4月に実施することとした。

 具体的には2020年4月1日に、トヨタの広瀬工場における電子部品の生産をデンソーへ集約。該当する広瀬工場の土地、生産インフラ(建屋、設備、ソフトウェア等)等をデンソーへ譲渡する。加えて、電子部品の開発機能をデンソーへ集約し、該当する図面、開発設備等をデンソーへ譲渡する予定だ。

 デンソーは2017年「第45回東京モーターショー2017」に出展し、開催したプレスカンファレンスで、「電動化と自動運転のふたつ分野に、2020年までの3年間で5000億円を投資する」と発表していた。今回の開発力集中によって、20年以降の投資額なども大きく変化しそうだ。中グローバルで競争が激しさを増す自動車メーカーのポテンシャルをアップに大きな影響があるサプライヤーの合従連衡にも拍車がかかるか。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
国交省発表、「2018年、もっとも燃費が良かったクルマ」は、トヨタ・プリウス
国内自動車市場の特異性がますます鮮明に、2018年度新車販売ベスト5を独占した軽自動車
トヨタ、HVなど電動車関連技術の特許約2万3740件を無償で開放すると発表

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車自動運転デンソー

関連記事