1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 外交・国際関係(10)

外交・国際関係のニュース(ページ 10)一覧

rss

各国の国防大臣が一堂に会するシンガポール・シャングリラ会合へ出席する稲田朋美防衛大臣は2日、記者会見し「アジア地域の安全保障上の課題について、わが国の考え方を発信したい」としたうえで「この機会を利用し、できる限り多くの国と会談を行い、地域の安全保障課題等について意見交換したい」との考えを示した。 06/03 08:52

稲田朋美防衛大臣は30日の記者会見で、北朝鮮国営メディア(朝鮮中央通信)が同日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長立ち合いのもとで、精密操縦誘導システムを導入した弾道ミサイルの試験発射に成功したと報じたことについて「報道は承知している」としたうえで「北朝鮮が発表した画像等によれば、キャタピラ式TELから発射されており、発射された弾道ミサイルの弾頭部には操縦翼とみられるものが確認され、液体燃料推進方式のエンジンの特徴である直線状の炎が見て取れる」とした。 05/31 11:45

岸田文雄外務大臣は29日の北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、記者会見し「ミサイルの詳細については防衛省で分析中」としたうえで「北朝鮮の3週連続のミサイル発射は北朝鮮の核・ミサイル問題の平和的解決に向けた国際社会の努力を踏みにじるもので、国際社会に対する公然たる挑戦であり、断じて容認できない」と厳しく非難した。 05/29 19:00

中国企業から温泉探査業務の依頼を受けて中国に派遣された日本人6人が、中国の国家安全当局に「国家の安全に危害を与えた疑い」で拘束されているという。 05/25 07:12

稲田朋美防衛大臣は23日の記者会見で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記=朝鮮労働党委員長=が弾道ミサイル(北極星2型)の量産化・実戦配備を指示したことに「そういった発言を金正恩総書記がしていることは承知している」と記者団の質問に答えた。 05/24 07:03

民進党の岡田克也党安全保障調査会長は、北朝鮮が21日午後4時59分に弾道ミサイル『北極星2型』を発射したことに対し「累次の国連安保理決議に明白に違反。 05/22 12:07

安倍晋三総理は18日、韓国の文喜相(ムン・ヒサン)大統領特使(国会議員)と会談。 05/19 08:11

韓国国防部の文尚均(ムン・サンギュン)報道官は15日の記者会見で「韓米当局は、昨日北が発射した弾道ミサイルの発射高度と飛行距離など、北が発表した内容と同様の情報を共有していた」とするとともに、北朝鮮が公開した最大高度と飛行距離などの情報を日本から受け取ったのかとの記者団の問いに「日本と情報共有を行った。 05/17 07:49

北朝鮮の弾道ミサイル発射(14日午前)を受けて、16日、日米韓の関係省庁代表による「北朝鮮によるミサイル発射に関する情報共有及び対応の調整を行うため秘匿テレビ会議」が行われた。 05/17 07:48

稲田朋美防衛大臣は15日、北朝鮮の14日の弾道ミサイル発射を受け、韓民求(ハン・ミング)韓国国防部長官と電話会談。 05/16 08:15

韓国・聯合ニュースは北朝鮮の14日の弾道ミサイル発射を受け、15日に韓民求(ハン・ミング)韓国国防部長官と稲田朋美防衛大臣による日韓防衛相電話会談が行われたことに「北朝鮮がミサイルを発射した翌日に韓日防衛相が電話会談するのは異例。 05/16 08:15

稲田朋美防衛大臣は12日の記者会見で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領下での日韓防衛当局・防衛大臣間の関係構築について記者団に問われ「韓国はわが国にとって戦略的利益を共有する最も重要な隣国であり、日韓両国の協力と連携はこの地域の平和と安定にとって不可欠だと思っている」とした。 05/13 11:36

安倍晋三総理は11日午後、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と約30分間、電話会談した。 05/12 06:53

安倍晋三総理は10日の政府与党連絡会議で、今月にイタリア・シチリア島で開かれるG7タオルミーナ・サミットで「世界の経済成長をいかにしてけん引していくのか、北朝鮮など喫緊の問題にどのように対処していくべきか、新たにサミットに参加するリーダーを迎えて、首脳間で胸襟を開いて率直に議論し『G7が結束して国際社会の諸課題に対処していく』との、明確なメッセージを発出していきたい」と考えを伝えた。 05/11 11:48

前へ戻る   5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15  次へ進む

広告

広告