核禁止条約交渉は保有国と非保有国の対立激化に、菅官房長官

2017年3月29日 09:06

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

菅義偉官房長官は28日午前の記者会見で、高見沢将林軍縮会議代表部大使が国連本部での核禁止条約交渉会議演説で「現状では交渉会議に参加することは困難だ」と不参加の意思を表明したことについて「今回の交渉は核兵器保有国と非保有国の対立を激化させるようなものになる」と理由を語った。

 菅官房長官は「核兵器のない世界を実現するには核兵器保有国の協力が当然なければできない。しかし、今回の会議には5核兵器保有国(中国・ロシア・アメリカ・フランス・イギリス)の出席が得られていない。このような環境での交渉は保有国と非保有国の対立をさらに深める」とした。

 菅官房長官は「核兵器のない世界の実現をめざすのは当然だが、核兵器国と非核兵器国の双方を巻き込んで、現実的で効果的な措置の追及が必要だ」とした。

 菅官房長官は「政府として、唯一の戦争被爆国として、核兵器のない世界に向け、世界をリードしていきたい」と述べた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
北ミサイル発射に日米韓で国際社会主導を提起
ノドン(マッハ9.5)上回る速度で飛行
発射の徴候つかめていたのか政府に検証したい
北朝鮮が弾道ミサイル発射と菅官房長官が発表
日米防衛相会談 約90分近い会談で認識共有

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ中国イギリスロシア菅義偉官房長官フランス核兵器

関連記事