南スーダンPKO 撤収命令発出で準備本格化

2017年3月25日 11:02

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 稲田朋美防衛大臣は24日の記者会見で、南スーダンPKO活動の実施計画の変更を閣議決定したのを受け「本日夕に防衛会議を開き、その後、南スーダン国際平和協力業務の終結に関する自衛隊行動命令を発出する」と発表した。

 計画では司令部要員と連絡調整要員の活動は平成30年2月28日までとする一方、施設部隊は今年5月31日までで国際平和協力業務を終え、撤収する。撤収命令発出により、撤収準備は本格化する。

 また、撤収のために施設部隊の撤収作業に必要な輸送機(KC-767)を現行(1機)より増やし3機にする。

 また、稲田防衛大臣は派遣期間中の安全確保について「毎日、今までどおり、しっかりと情報収集を行う」とし「撤収に至る隊員が最後の1人まで無事帰国し、家族の元に帰るまで安全を確保した上で適宜対処していく」と語った。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
南スーダンPKO施設部隊撤収に唐突感と佐藤氏
国益のためにも稲田大臣は辞任しかないと山井氏
稲田大臣が現時点で辞任する必要はない 二階氏
南スーダン問題 すべきは外交努力と住民に支援
南スーダンPKO撤収に蓮舫氏「評価する」

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードPKO自衛隊稲田朋美南スーダン

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース