1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 経済
  4.  > 消費者物価(1)

消費者物価のニュース一覧

米国株急上昇vs日本株鈍い動き、その理由は? 良い情報には敏感に上昇、悪い材料は無視 これが金融相場 悪材料に反応し始めると怖い相場に 02/17 09:53

中国国家統計局は10日、2020年1月分の消費者物価指数(CPI)が「前年同月比5.4%上昇」したと発表した。 02/11 17:54

・「NYダウのPERは21倍台と異常に高く、金融相場による仕手相場化を懸念」 ・台湾総統選挙の結果を受けて、その跳ね返りが中国本土に向かう影響を懸念 01/14 13:10

厚労省が毎月勤労統計調査9月分(速報)を公表。9月の実質賃金は前回に引き続き0.4%のマイナス。今年に入ってからプラスの傾向が出てきたものの、消費者物価の上昇(1.4%)で再びマイナス傾向に反転。

日本経済は現在、世界経済の回復やオリンピック関連需要を背景に景気回復の状況にある。 11/30 12:13

2017年度下期に住宅ローンを利用した人のうち、変動金利型で借り入れを行った人は過去最高の56.5パーセントとなった。将来起こりうる利上げなどについても考慮したうえで変動金利型を選ぶかを決定しなければならない。

住宅ローンの金利に変化が生じている。 07/18 20:00

日本銀行が、ネット通販によって小売価格の値下げが促されている可能性があるとの調査結果を示した(日本銀行によるレポート記事「インターネット通販の拡大が物価に与える影響」、毎日新聞)。 06/20 10:29

厚労省は23日、3月分の毎月勤労統計調査の結果を公表。あわせて2017年度分の結果も公表。実質賃金は全体で0.3%の減少、パートで0.3%増加。残業は全体で0.4%増加、パートで4.9%の減少。

厚生労働省は23日、3月分の毎月勤労統計調査(確報)の結果を公表した。 05/28 09:53

内閣府は3日、9月の消費者動向調査を公表した

内閣府は3日、9月の「消費者動向調査」の結果を公表した。 10/16 07:59

厚生労働省は6日、8月分の毎月勤労統計調査速報を公表。これによると、物価上昇を考慮した実質賃金は前年同月比0.1%増加した。実質賃金の増加は8ヵ月ぶり。名目レベルの現金給与総額は前年同月比0.9%の増加だった。

厚生労働省は6日、8月分の毎月勤労統計調査の速報値を公表した。 10/16 07:43

10月18日までは北朝鮮の動向に警戒が必要となる中で、トランプ大統領はイランへの核合意不支持を表明、対応策を検討するということでさらに地政学リスクが高まった。 10/14 11:26

ドル円は1ドル112円台の狭いレンジでの変動が連日続いているが、ドルはやや弱含みになってきている。 10/13 11:57

日銀は6日、9月分の「生活意識に関するアンケート調査」を公表。景況感が「良くなった」から「悪くなった」を引いた景況感DIは3年ぶりの高水準になった

日本銀行は6日、9月分の「生活意識に関するアンケート調査」を発表した。 10/13 07:58

内閣府は3日、消費動向調査を公表。1年後の物価が上昇すると回答した人の割合は76.2%で前月比0.1%増加した。物価見通しの平均は1.8%で伸び率は鈍かった。

内閣府は3日、9月分の「消費動向調査」を公表した。 10/12 07:47

9月25日発表の政府月例報告によれば、日本経済は引き続き緩やかながら回復基調にあり、高度成長期の長期拡張「いざなぎ景気」を超えるとも言われている。しかし、その実感が伴っていない。その背景を「月例報告書」から分析する。

9月25日、内閣府は「月例経済報告」を公表した。 10/05 08:52

 1 2 3 4 5  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • 一目で欲しくなるデザインのいすゞ117クーペ。©sawahajime
  • ローマン宇宙望遠鏡のイメージ。(c) NASA
  • (画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告