1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 経済
  4.  > 消費者物価(1)

消費者物価のニュース一覧

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移  1)9/09、NYダウは+439ドル高の27,940ドル ・前日まで下げが目立ったハイテク株が買い直され、相場を押し上げた。 09/14 08:32

■I.米国株式市場 ●1.米株式状況  1)8/11、NYダウ▲104ドル安、ナスダックは3日連続安 ・追加経済対策を巡る米政権と民主党の協議行き詰まりへの警戒感で下落。 08/14 07:59

・米国は、(1)米証券市場 (2)通信分野で中国を排除 ・米国の対中国の強硬策転換は2017年12月に発表済み 08/11 07:18

・米株式相場は続落、米中の緊張激化や景気回復失速で ■I.米国株式市場 ●1.米株式市場、NYダウ続落し7/22の27,005ドル⇒7/24の26,469ドルと 07/27 08:14

さて、コロナウィルス禍が深刻となった2020年4月の雇用統計はどのような状況であったかといえば、リーマンショック後の2009年3月に記録した非農業部門就業者数65万人減、失業率8.1%をはるかに凌ぐ、非農業部門就業者数2,050万人減、失業率14.7%を記録している。 07/20 17:30

(c) 123rf

米連邦準備理事会(FRB)は10日(現地時間)の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、2022年末まで、ゼロ金利政策を維持する見通しを表明した。 06/12 07:10

■I.米国株式市場 ●1.米株式の上昇相場の行方を占う米FOMC 1)米FOMC(連邦公開市場委員会)が6/9~10日に開催(パウエルFRB議長の記者会見は6/10) 06/11 08:40

中国国家統計局は10日、2020年1月分の消費者物価指数(CPI)が「前年同月比5.4%上昇」したと発表した。 02/11 17:54

厚労省が毎月勤労統計調査9月分(速報)を公表。9月の実質賃金は前回に引き続き0.4%のマイナス。今年に入ってからプラスの傾向が出てきたものの、消費者物価の上昇(1.4%)で再びマイナス傾向に反転。

日本経済は現在、世界経済の回復やオリンピック関連需要を背景に景気回復の状況にある。 11/30 12:13

2017年度下期に住宅ローンを利用した人のうち、変動金利型で借り入れを行った人は過去最高の56.5パーセントとなった。将来起こりうる利上げなどについても考慮したうえで変動金利型を選ぶかを決定しなければならない。

住宅ローンの金利に変化が生じている。 07/18 20:00

日本銀行が、ネット通販によって小売価格の値下げが促されている可能性があるとの調査結果を示した(日本銀行によるレポート記事「インターネット通販の拡大が物価に与える影響」、毎日新聞)。 06/20 10:29

厚労省は23日、3月分の毎月勤労統計調査の結果を公表。あわせて2017年度分の結果も公表。実質賃金は全体で0.3%の減少、パートで0.3%増加。残業は全体で0.4%増加、パートで4.9%の減少。

厚生労働省は23日、3月分の毎月勤労統計調査(確報)の結果を公表した。 05/28 09:53

内閣府は3日、9月の消費者動向調査を公表した

内閣府は3日、9月の「消費者動向調査」の結果を公表した。 10/16 07:59

厚生労働省は6日、8月分の毎月勤労統計調査速報を公表。これによると、物価上昇を考慮した実質賃金は前年同月比0.1%増加した。実質賃金の増加は8ヵ月ぶり。名目レベルの現金給与総額は前年同月比0.9%の増加だった。

厚生労働省は6日、8月分の毎月勤労統計調査の速報値を公表した。 10/16 07:43

 1 2 3 4 5  次へ進む

広告

写真で見るニュース

  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
  • おとめ座付近にある多数の恒星によるシェル状構造 (c) レンセラー工科大学
  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告