ホーム > ニュース一覧 > 企業・産業 > 船舶・航空業 > スペースジェット(1)

スペースジェットのニュース

三菱重工、国産ジェット開発一旦停止を正式発表

先日、話に出ていた国産小型ジェット旅客機「スペースジェット(旧MRJ)」の開発一時停が確定した。
11/02 17:08

国産初カーゴシステム、川崎重工・C-1ジェット輸送機 (2) 専守防衛の国の輸送機C-1

しかし裏を言えば、当時の、航空機設計者はほとんど戦前の軍用機設計者であり、「航空研究所試作長距離機」略して「航研機」が周回飛行の世界記録を作ったが、この「航研機」の設計者である木村秀政が、旅客機の設計には最も適していたことは間違いあるまい。
10/31 09:27

三菱・スペースジェットはどこへ?「画期的な造り方技術」の裏付けを・・

三菱・スペースジェット(旧MRJ)事業計画が、事実上凍結になると報じられている。
10/29 11:34

三菱重工が「スペースジェット」の事業化を凍結 国産ジェット旅客機はどうなる?

三菱重工業が「スペースジェット」の事業化を凍結する段取りを進めているようだ。
10/23 18:24

三菱スペースジェット納入問題 (5) 新型コロナウイルスが止めを刺すか?

三菱重工業はグループ全体で約8万人になる従業員のうち、約2千人を今秋までに配置転換する方針を固めた。
08/02 07:34

三菱H-IIAロケット42号機打ち上げ成功 (1) 衛星はUAEの火星探査機「HOPE」

7月20日午前6時58分、鹿児島県・種子島宇宙センターからH-IIAロケット42号機で打ち上げられた。
07/29 19:40

三菱スペースジェット納入問題! (4) 航空会社の経営が逼迫している!

三菱重工業がスペースジェット(MSJ)の開発で、6度もの納入延期を繰り返しながら開発を続けてきた理由の1つが、小型機市場の需要増加が見込まれていたことだった。
07/05 07:00

三菱スペースジェット納入問題! (3) 開発の遅れと今後のペースダウンに整合性はあるのか

三菱スペースジェット(MSJ)の開発を進めている三菱航空機は、20年3月期で最終赤字が過去最大となる5269億円を計上し、18年3月期以来の債務超過へ転落したことが公表された。
07/03 15:43

三菱・スペースジェット、開発の行方は? (3) サプライチェーン構築と維持

航空機業界は高度な知識と技術が多くの分野で必要と言われてきた産業であり、「知識集約型産業」と呼ばれる。
07/02 07:52

三菱・スペースジェット、開発の行方は? (2) Y-X計画とボーイングの圧力

私が勤務していた隣の部屋が設計部門で、当時、Y-X計画が決まらず、人名辞典に載っているほどの設計士たちが、トランプをしたり手回しの機械式計算機を枕にして昼寝したりと、散々の様子を目にしていた。
07/01 11:55

三菱・スペースジェット、開発の行方は? (1) YS-11から続くアメリカ利権との格闘

三菱航空機・スペースジェット(旧MRJ)が窮地に追い込まれている。
06/30 17:59

三菱スペースジェット納入問題! (2) 型式証明を取っても、量産能力はあるのか?

6度目の納入延期により機体開発が遅れているスペースジェットにも、いずれ型式証明を取得する時は訪れる筈だ。
06/13 08:49

三菱スペースジェット納入問題! (1) 機体完成の見通しが立てられない

スペースジェットの納入時期が見通せない三菱重工業には、計画段階で発生した2つの痛恨の判断ミスというボタンの掛け違いが未だに尾を引いている。
06/12 13:07

三菱スペースジェット開発中止か? 三菱航空機の人員削減でしぼむ期待

「やはり」と感じた。事実上、三菱重工・スペースジェット(旧MRJ)の開発は止まった。
05/29 19:28

三菱重工、スペースジェットの開発人員を半減 将来的な事業中止も視野に

三菱重工が、子会社で旅客機「スペースジェット」(旧MRJ)を開発する三菱航空機の人員削減を発表した。
05/25 21:07

三菱スペースジェット10号機初飛行 新型コロナ感染拡大で仮発注キャンセルか?

MRJ改めスペースジェットの開発は難航している。
03/23 07:09

【超音速旅客機(SST)開発ブーム (2/2)】三菱・スペースジェットも時代遅れか?

かつて、イギリス・フランス共同開発のコンコルドは、アメリカのボーイング社とロッキード社がマッハ3の計画だったのに、マッハ2.2にとどまっていた。
02/22 16:23

三菱・スペースジェット(旧MRJ)が最も恐れるのは「時代のニーズ」(3/3)

純ジェットエンジンとYS-11を比較すると、第一に「スピードが違う」ことが挙げられる。
02/18 16:41

三菱・スペースジェット(旧MRJ)が最も恐れるのは「時代のニーズ」(2/3)

ボーイング・747ジャンボジェットもそうだ。
02/18 06:48

三菱・スペースジェット(旧MRJ)が最も恐れるのは「時代のニーズ」(1/3)

三菱重工・スペースジェット(旧MRJ)の初号機納入が6度目の延期となり、また遅れる。
02/17 12:02

三菱スペースジェット納入が6度目の延期 (4) サプライヤーに待ち続ける体力はあるのか?

スペースジェットの生産は、当初2カ月に1機のペースで始まり2~3年の習熟期間を経て月産1機体制になるとこれまで伝えられてきた。
02/09 17:15

三菱スペースジェット納入が6度目の延期 (3) 「YS11」の轍を踏むな!

三菱重工業は6日に開催された20年3月期第3四半期(19年4~12月期)決算説明会で、「スペースジェット(旧MRJ)」の初号機をローンチカスタマーである全日本空輸(ANA)へ納入する時期が、これまで計画していた今年の半ばから来年度以降に延期になることを正式に発表した。
02/07 18:39

三菱スペースジェット納入が6度目の延期か ”終わりの見えない戦い”に展望はあるのか? (2)

19年6月には手垢の付いたMRJという名称を三菱スペースジェット(以下、MSJ)に変更、90座席級の機体で型式証明を取得した後に、その機体を基に70座席級の機体を開発することが正式に発表された。
01/30 17:30

三菱スペースジェット納入が6度目の延期か ”終わりの見えない戦い”に展望はあるのか? (1)

三菱重工業が「スペースジェット(旧MRJ)」の初号機納入時期を、6度目になる納入延期とする方針を固めた、と伝えられている。
01/30 08:21

窮地に追い込まれた三菱スペースジェット (4) 堪忍袋の緒が切れたサプライヤーも・・

三菱航空機がM90(旧MRJ)の就航を実現するまで、一人前の航空機メーカーとして認知されたとは言えない。
11/17 08:00

 1 2  次へ進む