ホーム > ニュース一覧 > 企業・産業 > 船舶・航空業 > MRJ(三菱リージョナルジェット)(2)

MRJ(三菱リージョナルジェット)のニュース(ページ 2)

パリ航空ショー、6月17日から開催 三菱航空機やホンダジェットが参加

航空宇宙機器の国際見本市「パリ航空ショー」が、6月17日~23日に開催される。
06/13 18:53

三菱重工、ボンバルディアの小型ジェットCRJ関連事業買収で交渉中

三菱重工業は5日、カナダの大手航空機メーカー・ボンバルディアの小型ジェット旅客機CRJ関連事業について、同社と買収交渉を進めていることを明らかにした。
06/06 21:11

三菱重工業、通期は全セグメントで事業利益が増加 今期は増収増益で、年間配当金20円増配を予定

小口正範氏:三菱重工業で財務を担当しております小口でございます。
05/28 20:59

MRJ、米連邦航空局から飛行試験許可を取得 型式証明取得に一歩前進

国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」(三菱リージョナルジェット)を開発中の三菱航空機は27日、米国連邦航空局(FAA)のパイロットがMRJに搭乗する許可「LOT(Letter of Authorization)を取得したと発表した。
03/27 21:24

ボーイング797開発スタートか? (2) Y-11の怨念が続く757、767の後継機か?

今回、開発が検討されているボーイング797は、757、767の後継として考えられているもので、787と737の中間に位置する大きさだ。
03/17 10:50

エンブラエル、ボーイングとの合弁会社設立を承認 小型機事業を売却

2月26日(現地時間)、ブラジル・エンブラエル社の臨時株主総会が開催され、ボーイング社との合弁事業会社設立が承認された。
03/01 14:48

超音速旅客機の夢、遥か(3) 立ちはだかる「燃費の壁」には「ファン」の風に乗って解決

ボーイング・707、ダグラス・DC8の競合の時代、続いて登場したボーイング・B727、ダグラス・DC-9ぐらいまででは、燃費で運行コストが掛かり、短距離に進出するには苦しかった。
01/14 21:40

ボーイングとエアバスは何を争っているのか(1) ハブ空港、すなわち国家経済発展を争う

現在、ボーイングとエアバスが旅客機のシェア争いを行っている。
01/07 21:22

MRO Japan、沖縄・那覇で機体整備場の完成式典 地の利活かした受注活動へ

11月9日付琉球新報によれば、『沖縄県は8日、MROジャパンが運営する航空機整備施設(MRO施設)の完成式典を、那覇空港内の同施設で開いた。
11/12 21:21

乱気流に巻き込まれた国産ジェット旅客機MRJ、どうやってこの窮地を脱出するのか?(後編)

今年、航空機業界には大きな合従連衡が起きている。
10/26 21:42

三菱重工、中期計画で持続的成長により大幅増益を目指す

三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は、10月12日中国の三門原子力発電所1号機に納入した蒸気タービン発電設備で、必要な性能試験の全項目をクリアし、引き渡しを完了したと発表した。
10/24 08:43

翼を得たMRJ 飛行展示に成功も、難題は山積み

世界最大級の航空展示会(ファンボロー国際航空ショー)が、イギリスのロンドン近郊で開催された。
07/19 19:05

三菱MRJの生き残る道(2) アメリカの政治圧力に屈したY-X事業団

YS-11が生産終了となるころ、次期国産旅客機開発の準備が進んでいた。
07/18 22:05

三菱MRJの生き残る道(1) ファンボロー航空ショーでデモフライト後、お粗末な記者会見

三菱リージョナルジェット(MRJ)が苦戦している。
07/18 21:54

三菱航空機、MRJの飛行試験を開始へ 生産も再開予定

三菱航空機が開発するジェット機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」は、2017年に納入延期が発表されており、それに伴って生産も一時停止となっていたが(過去記事)、生産の再開は2019年春になるようだ。
07/13 11:11

ホンダ・ジェット世界一 2017年出荷台数5.7t以下セスナ・サイテーション抜く

ホンダ・ジェットがついに世界一の年間出荷台数を記録した。
02/27 07:01

三菱重工業の憂鬱 需要減退が進む石炭火力発電とMRJ40機キャンセル

世界的な石炭火力発電の需要減退が鮮明になって来た。
01/29 17:15

エアバスA380生産中止か?(下) 自動車産業の半世紀後の運命 MRの失敗はないのか

航空機業界は大変シビアで、この件でエアバスが生きていけるのかの戦いになるであろう。
01/22 06:10

スバル・航空機部門との技術交流(下) ボーイングの下請けによる果実は大きい

自動車部門から航空機部門に対する技術供与に関しては、「ロボットによる生産」に関する技術が考えられるが、自動車に比べ、航空機部門は「手仕事」と言えるほどで車とは量産規模が違う。
11/28 19:47

【神戸製鋼 データ改ざん】日本製品の世界的信頼に打撃 車、MRJ、新幹線など

深刻な不正が行われた。これからどれほど拡大するかは別にして、社会制度そのものに打撃を与えた。
10/09 20:57

神戸製鋼によるアルミ材等の品質データ改ざんが発覚

神戸製鋼所は、10月8日、同社が出荷したアルミ板などの金属材において、製品仕様検査データの改ざんが行われていた事実が確認されたと発表した。
10/09 07:18