ホーム > ニュース一覧 > 政治・社会 > 国土交通省(7)

国土交通省のニュース(ページ 7)

ETCのセキュリティ規格変更、実施されれば従来型のETCは使用不能に

2017年10月10日にETCのセキュリティ規格変更(予定)アナウンスされたが(国土交通省)、これによって従来型(非ETC2.0)やETC2.0車載器の一部は利用できなくなる場合があるという。
07/24 20:00

ドローンで過疎地支援 国交省が全国5カ所で配送実験 民間参入促進へ

都市部から孤立した過疎地への配送をより一層容易にするため、国土交通省はドローンによる配送実験を全国5ヶ所で実施する。
07/20 09:52

国交省、アルファベット組み合わせたナンバー 軽自動車にも採用

国土交通省は普通自動車で、人気ナンバーの枯渇を受けて既に今年1月から小型・普通登録車に導入していたアルファベット文字を組み合わせたナンバープレートを、軽自動車にも採用すると発表した。
07/19 10:48

鉄道事業者、「暴力行為防止ポスター」で啓蒙 17年度の暴力件数は56件減少

JR6社や日本民営鉄道協会加盟の各社など85社局は、7月13日より、共同で制作した暴力行為防止ポスターを駅構内や列車内に掲出する。
07/12 17:24

日産よ、年収200万円社員1人の重要性は、年俸19億円カルロス・ゴーン会長と変わらない!

日産自動車は9日、新たな不正問題が発覚したことを受け、記者会見を行った。
07/11 17:25

【スバル記者会見(4)】メディア記者の稚拙な技術的知識と吉永体制の限界

スバル記者会見でのメディアの質問全般を見ると、まず「統計学」に疎いのがばれる。
07/10 20:50

【スバル記者会見(3)】「不良品はない」とする根拠がおかしい

スバルの、2012年12月以降の残っていたデータ6,530件の中で、約14%の927件が測定不良データであった。
07/10 17:40

【スバル記者会見(2)】「組織としてのコミュニケーションの在り方」が分かっていない

そこで、「日々緊張感を持続し、考えながら」仕事をしていく必要がある。
07/09 21:53

スバル・新型フォレスター発売(3) スバルの病根は社会全体の課題

スバルは、「e-BOXER」を昔から戦略的技術として取り入れてこなかった一方で、技術的先進性と商品力を持つ運転支援システム「アイサイト」を前面に出し商品化を進めている。
06/25 19:33

マツダ、新型「ファミリアバン」発売 「サポカー」該当の安全技術を標準装備

マツダは21日、小型商用車「ファミリアバン」の新型を全国のマツダ販売店で発売した。
06/21 17:52

スズキ・スイフト(2) ひた向きに「基礎技術開発」へ取り組むスズキに「鈴木会長」の存在

「品質を上げながらコストダウン」するのと同じで、「強度を上げながら軽量化」するのだ。
06/20 17:13

【ディーラーの整備は機能しているのか?(1)】ホンダ・リコールの裏にある危険な問題点

ホンダは、「ステップワゴン」「フリード」「フリード+」をリコールした。
06/18 16:15

西鉄、ホームドアの実証実験実施へ 2019年2月をめどに

福岡県に基盤を置く私鉄、西日本鉄道(西鉄)が、ホームドア導入用の実証実験を開始するという。
06/15 19:19

アジア向けを中心に日本のクルーズ人口が初の30万人超え 国交省調査

国土交通省の調査によると、2017年における日本のクルーズ人口が過去最高の31万5,300人となるとともに、日韓定期航路を利用する外国人数が急増していることが分かった。
06/13 11:53

豊田章男社長、背徳の日本の自動車税制を切る 国内自動車産業を破壊するのか! 米の20倍超

参考:財形新聞https://www.zaikei.co.jp/article/20180521/443224.html クルマにかかる税金、日本はアメリカの20倍以上! 自動車販売の足かせか? 2018年5月21日 参考:ITmediaビジネスONLINEhttp://www.itmedia.co.jp/business/articles/1806/11/news044.html豊田章男自工会新会長吠える! (1/3) 以前にも取り上げたが、日本の自動車税制に対して、トヨタ自動車の豊田章男社長が強くアピールしている。
06/13 11:34

ついにスバル・XVのPHV登場 トヨタ方式のHVを搭載 電気式CVTをどうする?

北米スバルが、スバル XV(アメリカ名クロストレック)にプラグインハイブリッド(PHV)車を追加すると5月11日に発表。
06/07 16:51

ビジネスジェット機「ホンダジェット」ついに日本で販売開始

ホンダの航空機事業子会社であるホンダ・エアクラフト カンパニー(以下、HACI)は、小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の日本での受注を6月6日より開始した。
06/06 22:04

マツダ、SUV「CX-8」がJNCAP「衝突安全性能評価」で最高得点

マツダの3列シートSUVとして人気が高い「マツダ CX-8」が、2017年度(平成29年度)のJNCAP(Japan New Car Assessment Program)自動車アセスメントにおいて、「衝突安全性能評価ファイブスター賞」を受賞したと発表したと発表した。
06/04 19:44

スバル、立ち入り検査を受ける(2) 国土交通省は品質保証を管理できるのか?

国土交通省の担当官僚に、製造業の現場の品質管理技術があるとは到底思えない。
06/02 07:52

ホンダ、ステップワゴン・フリードなど21万台をリコール ブレーキ不具合で

本田技研工業(ホンダ)が約21万台のリコールを国土交通省に届け出た。
06/01 16:21

スバル、国交省の立ち入り検査を受ける(1) スバルは品質保証能力があるのか?

スバルが提出した「報告書」に基づき、国土交通省は立ち入り検査を実施した。
05/31 21:39

自動車メーカーのプラットフォーム開発競争(2)目的は決算書 利益率と生産技術の関係

最近の技術開発では「モデルベース開発」が注目されているが、誤解がはなはだしい分野でもある。
05/30 07:48

トヨタ・新型クラウン/カローラ・コネクテッドカー(2) 法定整備はディーラーの重要な利権

整備は、できるだけ簡素で手間暇がないほうが良いのがユーザーの立場だ。
05/29 19:42

日産「デイズ」「デイズルークス」を一部仕様向上 安全機能を強化

日産自動車は、日産が販売している軽自動車「デイズ」と「デイズルークス」の一部を仕様を向上し、28日から発売を開始した。
05/29 09:50

スバル・新型フォレスターe-BOXER(2) 燃費に見る「技術的狙い」と「経営的価値」

上記、新型フォレスターの燃費の数値からは、高速域ではガソリン車で燃費がわずかに良く、市街地モードでe-BOXERが大幅に良い結果によることから、このシステムは市街地での実用燃費に優れていることが分かる。
05/23 19:30

前へ戻る   2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  次へ進む