政府、重要道路で猶予期間後の電柱利用許可を更新せず 電柱の撤去推進へ

2019年5月29日 09:06

印刷

記事提供元:スラド

 国土交通省が、「重要な道路」における電柱の撤去を進めるため、道路の利用許可を更新しない方針を決めたと日経新聞が報じている。

 震災時などに倒れた電柱が救助や復旧活動の障害になることを防ぐのが目的。重要区間を指定し、10年間の猶予期間終了後は道路の利用許可を更新しないという。

 今までも政府は電柱の撤去を推進していたものの、電柱の撤去は進んでいないという(朝日新聞)。

 スラドのコメントを読む | 交通

 関連ストーリー:
解散命令を受けた有線放送組合が放置した木柱、老朽化が進むも撤去は進まず 2019年05月08日
電柱に5G基地局を設置する実証実験、東電やKDDI、ソフトバンク、楽天が参加 2019年03月22日
電柱に宅配ロッカーを設置するサービス、関西電力が試験的に開始 2018年11月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード国土交通省

関連記事