国交省、8トン超の大型トラックに巻き込み警報装置搭載を義務付けへ

2019年7月30日 22:11

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 国土交通省が8トンを超える大型トラックに対し、左折時の巻き込み警報装置の搭載を義務付けることを決めたことが報じられている(朝日新聞)。

 左折する自動車が自転車と衝突する巻き込み事故の中で、死亡事故の9割を8トン超の大型トラックが起こしていたことが分かったため。この対策として巻き込み警報装置搭載を義務付ける。

 今後は、8トン以下のトラックや乗用車を含む自動車全体への義務付けが望ましいだろう。

 スラドのコメントを読む | 日本 | テクノロジー | 政府 | 交通

 関連ストーリー:
UDトラックス、大型トラックのレベル4自動運転デモ初公開。2020年までに実用化を目指す 2018年12月18日
運転中の同僚に電話でわき見運転を促した男性、過失運転致死傷罪の幇助容疑で書類送検される 2018年06月24日
大型トラックに衝突防止装置設置を義務化へ 2012年04月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード国土交通省

関連記事