1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ライフ
  4.  > 教育
  5.  > 北海道大学(1)

北海道大学のニュース一覧

今回の研究の概要図。(画像: 北海道大学の発表資料より)

北海道大学は10日、マウスを使った実験で、糖タンパクの一種である「Biglycan」を阻害すると、がんの内部環境が正常化され、抗がん剤の送達が改善されると共に、免疫細胞の浸潤が増加することが確認されたと発表した。 05/13 08:19

「推論」をするイメージ。(画像1:北海道大学報道発表資料より)

北海道大学は12日、「推論」に関わるセロトニン神経核をマウスの実験によって特定したと発表した。 04/15 17:42

2020年8月4日午後6時過ぎに起きたベイルートの大規模な爆発事故に関して、北海道大学は2月4日、大爆発に伴って生じた爆風が高度300kmにまで達していたとする発表を行った。 02/10 16:19

1877年~2019年に日本に上陸した年間台風数の棒グラフ。青線は年間上陸数の11年移動平均。(画像: 北海道大学の発表資料より)

近年の日本では強力な台風による被害が発生しており、台風の変化を予測するために長期における過去データの集積が必要とされている。 02/07 07:33

研究の概要(画像:北海道大学の発表資料より)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中で猛威をふるう中、死亡率など新型コロナウイルスの感染状況が地域によって顕著に異なることが確認されている。 09/23 18:50

東芝をはじめとする12の事業者が次世代暗号技術「量子暗号通信網」の実用化に向けた研究開発を始めるそうだ。 07/31 20:47

やや旧聞に類する話になるが、茨城大学と北海道大学の研究チームによると、茨城県北茨城市の五浦海岸(いづら)には1650万年前に大規模な油田・ガス田があったという。 07/17 08:55

世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスは、腸管上皮細胞に感染して増殖することが示唆されている。 06/28 08:15

観測された棒渦巻銀河(左)と観測を実施した野辺山宇宙電波観測所の45メートル電波望遠鏡(右) (c) 2MASS J-band, Jarrett et al. 2003(左上段の擬似カラー)、COMINGプロジェクト(左上段の等高線及び下段)、Dragan Salak(右)

国立天文台は11日、地球に近い渦巻銀河のガス運動を解析した結果、棒渦巻銀河の中心にある棒状構造のガスが、銀河全体とは異なる運動をしていることを捉えたと発表した。 06/14 07:57

開幕が待たれるプロ野球で3日、巨人の坂本勇人内野手(31)と大城卓三捕手(27)の2選手がPCR検査の結果、新型コロナウイルスの陽性と判定されたことが発表された。 06/06 19:15

新型コロナウイルス検出試薬キット(画像: 島津製作所の発表資料より)

島津製作所は26日、同社の提供する新型コロナウイルスの検査試薬で、検体に唾液を用いることも可能であると発表した。 05/27 17:22

今回開発されたポータブル蛍光偏光測定装置(画像: 東北大学の発表資料より)

北海道大学、東北大学、TianmaJapan等は20日、抗体検査をその場で20分以内に完了できるポータブル蛍光偏光測定装置を開発したと発表した。 05/22 08:00

地球に水が誕生する3つの過程(写真:北海道大学の発表資料より)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)によるはやぶさ2が、小惑星リュウグウからサンプルを持ち帰る目的のひとつとして、地球上の生物の起源を探ることがある。 05/15 17:35

アラスカ州の恐竜化石の産地。星がハドロサウルス科の産出地。(写真:北海道大学の発表資料より)

北海道むかわ町で2013年に発見された恐竜化石は、新種カムイサウルスであることが2019年に発表された。 05/11 07:34

金星大気の高速回転が維持されるメカニズム (c) Planet-C project team

地球と同じく岩石から構成される金星。地球と異なり、金星では「スーパーローテーション」と呼ばれる高速で大気が回転する現象が維持されている。 05/01 11:41

新型コロナウイルス感染後に重篤化するメカニズム(写真:北海道大学の発表資料より)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は全世界に蔓延し、米ジョンズ・ホプキンズ大学の情報によれば、28日時点で感染者は300万人を突破、死者は約21万人にも及ぶ。 04/28 12:09

ワオキツネザルが放つ匂い物質を特定(写真:東京大学の発表資料より)

分泌することで異性を誘因するフェロモン。 04/20 12:31

鉱床の土壌を採集しに来た近隣住民(左)と、鉱山から500mしか離れていないところにある家屋(右)。(画像: 北海道大学の発表資料より)

鉛中毒は子供の神経損傷や痙攣、大人に対しても血圧上昇や生殖器異常など深刻な健康被害をもたらすことが知られている。 03/09 18:14

 1 2 3 4 5  次へ進む

広告

広告