全固体電池のニュース

ホンダ、2030年までにEV30車種投入へ 四輪EVビジネスの展望を発表

本田技研工業株は12日、四輪電動ビジネスの取り組みについて記者会見を行なった。
04/14 11:28

日産、全固体電池の試作設備を初公開 2028年度の実用化目指す

日産自動車は、2028年度の実用化を目指して全固体電池の研究開発を行なっているが、8日、積層ラミネートセルを試作生産する設備を初公開した。
04/11 16:23

米GMとホンダ、新型EVシリーズ開発で協業 2027年に共同仕様の新型車発売

ホンダは4月5日、米ゼネラルモーターズ(GM)と3万ドル(400万円弱)のプライスゾーンに向け新たな電気自動車(EV)を共同開発し、2027年から世界販売すると発表した。
04/08 07:44

硫化物固体電解質の力学特性評価法を確立 全固体電池設計に貢献 豊橋技科大

硫化物固体電解質を用いた全固体電池はEVなどへの応用が期待されているが、特性面ではまだまだ課題も山積している。
03/18 08:16

豊田社長の「BEV拡大計画」が物語る、全固体電池量産化の新たなステージ

3月15日の企業・産業欄に、『EV用電池として有力視される全固体電池、対応企業はどこか!?』と題する記事を投稿した。
12/28 16:33

デクセリアルズ、技術・製品説明会開催 技術トレンドを先回りして開発した製品の拡大が今後の成長をけん引

吉田孝氏(以下、吉田):執行役員 コーポレート管理部門長の吉田でございます。
12/23 18:04

酸化物系固体電解質を低温で焼結、以外なメカニズムも明らかに 東北大

燃料電池や全固体リチウムイオン電池などの次世代電池に必須の材料の1つに、酸化物系の固体電解質がある。
12/09 11:30

日産、電動化計画で反転なるか!?

自動車メーカー大手の日産自動車が、今後5年で電気自動車などの開発に2兆円を投資し、自動車の電動化を加速させると発表した。
12/07 20:51

相場展望12月2日 米国3重苦で、経験則『年末の株高』が揺らぐ? 米市場は『金融緩和の早期解消・利上げ』を警戒

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)11/29、NYダウ+236ドル高、35,135ドル(日経新聞) ・新型コロナ変異種「オミクロン型」の感染拡大への警戒から11/26に▲905ドル安と今年最大の下げとなった反動で買い優勢だった。
12/02 08:46

室温で動作可能な酸化物系全固体電池を開発 安全性も高く 産総研

安全性の高い酸化物系固体電解質を用いた全固体電池は、次世代電池の有力な候補として注目を集めてきた。
11/23 07:57

小型・薄型で採用進む新型2次電池 低電圧充電にも対応の充電制御ICが登場

昭和の時代の「電池」のイメージは、使い切りの乾電池だった。
10/10 18:24

日揮、成長分野の競争力強化と拡大により利益倍増を目指す

日揮ホールディングスは9月17日、IHIプラントと、医薬品プラントEPC(設計、調達、建設)事業の譲受に関する契約書を締結したと発表した。
09/24 07:31

トヨタ、電動車に関する説明会 全固体電池車には寿命が短いという課題も

トヨタ自動車は9月7日、電動車などに関連する戦略発表会「電池・カーボンニュートラルに関する説明会」を開催した。
09/09 17:29

脱ガソリンに向け拡大のEV市場 立ちはだかる難問に立ち向かう日本企業の挑戦

自動車業界では今、脱ガソリンに向けた動きが活発化している。
08/30 11:41

日産自動車、コロナによる販売台数の減少により減収減益 2021年度は前年比8.6%増の440万台の販売を目指す

内田誠氏(以下、内田):本日はお忙しい中、ご参加いただきありがとうございます。
06/30 08:25

相場展望6月28日 (1) 株主総会後~7月上旬は、株価軟調を予想(拾い場) (2) 7月中旬以降は、四半期決算発表を材料に上昇予想

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)6/24、NYダウ+322ドル、34,196ドル(日経新聞) ・バイデン大統領が上院の超党派議員グループとインフラ投資法案で合意したと表明しインフラ支出拡大への期待が強まった。
06/28 07:52

中国で48万円のEVが大人気の一方、日本ではEV充電設備が減少を始めた?

究極の技術蓄積が進んだエンジン車は、中国でさえ追随が至難であることを認める産業分野だった。
05/01 16:47

スズキとダイハツ、軽自動車を本格的なハイブリットに転換できるか EV化は可能か?

20年12月、政府が50年のカーボンニュートラル実現へ向けて、「35年までに乗用車の新車販売を100%電動車とする」という目標を打ち出した背景には、電動化へ向けて加速化するEUや中国などの動きに乗り遅れまいとする切迫した想いだ。
04/03 08:40

EV用電池として有力視される全固体電池、対応企業はどこか!?

「トヨタ自動車が東京工業大学と共同で、正極と負極を電気が行き来し易い固体電解質を発見した。
03/15 16:46

日立造船、1000ミリアンペアの容量を持つ全固体電池開発

日立造船は3日、3日に都内で開かれた展示会で世界最大級の容量を持つ全固体リチウムイオン電池を開発したと発表した。
03/06 19:20

マツダが初めて発表した量産型EV「MX-30 EV MODEL」、交錯するその思惑!

EV開発の最大の悩みは航続距離の確保と、バッテリーの重量や価格との妥協点をどこで折り合うかにある。
02/26 16:53

JAXAと日立造船、宇宙での全固体リチウムイオン電池実用化へ実証実験

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と日立造船は2日、宇宙での全固定リチウムイオン電池の実証実験に関して、共同研究契約を締結すると発表した。
02/05 08:18

相場展望1月4日号 昨年終盤の状況と、2021年日経平均シナリオ予想

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移  1)12/31、NYダウ+196ドル高、30,606ドル ・新型コロナのワクチン普及で、2021年景気回復に向かうとの期待から買い直された。
01/04 08:40

次世代電池の世界市場 xEV向けを中心に硫化物系が大幅成長

EV(電気自動車)の登場、普及と相まって新たな電池の研究・開発が進んでいる。
12/23 09:34

雇用が問題か? (3) 水素社会で雇用確保 e-gasでエンジン可動を

また、現存のガソリンスタンドについても、FCV(燃料電池車)に用いる純粋水素(99.99%)を取り扱う水素スタンド(1カ所約5億円)に比較して少ない投資で「e-gas(メタンガス)」対応とできることから、「雇用の創出」に寄与し、自動車産業全体の雇用規模を保てることになる。
12/11 09:17

 1 2 3 4  次へ進む