ホーム > ニュース一覧 > 原子力発電・放射能(5)

原子力発電・放射能のニュース(ページ 5)

高浜原発3・4号機、仮処分判断の舞台は高裁へ

関西電力は14日、福井県の高浜原発3、4号機の再稼働禁止仮処分命令を認めるとした12日の大津地裁の決定を不服として、大阪高等裁判所に保全抗告の申し立てを行った。
07/15 10:19

高浜3・4号機の運転差し止め、大津地裁は関電の異議退け

関西電力高浜原発3、4号機〈福井県〉の運転差し止めを命じた大津地裁の仮処分決定に対し、関西電力が異議申し立てしていた事案で、大津地裁は住民、関電双方の意見を聴取したうえで、12日、関西電力の異議を退ける決定を下した。
07/12 21:38

原発のケーブル不適敷設「ケーブル自身の不具合でない」萩生田光一官房副長官

不適切な原発ケーブルの敷設で火災発生時に安全機能が複数の系統で同時に失われる可能性も否定できない重大な問題に、萩生田光一官房副長官が「1900件というとびっくりしてしまうが、要は、ケーブルの敷設の在り方に問題があったということで、ケーブル自身に不具合があるということではない」などとびっくり発言した。
07/02 15:35

原発4基の早期再稼動に全力―関電・岩根茂樹社長

関西電力の株主総会、その後の取締役会で28日、代表取締役社長に就任した岩根茂樹社長は事業基盤再生に不可欠な4基の原発早期再稼動に全力を尽くす。
06/29 11:31

参院選、原発を争点に論戦を―伊方原発をとめる会

愛媛県にある四国電力伊方原発をとめる会は7月10日投開票で実施される参院選挙に「原発問題が重大局面にあることを強く訴え、候補者間の積極的な論争を望む」との見解を28日までに発表した。
06/29 11:29

高浜原発延長「例外根拠なければ認められない」―民進

民進党の直嶋正行エネルギー環境調査会長は関西電力高浜原発〈福井県〉が「原発は40年で廃炉の原則」があるにもかかわらず、20年の稼働延長が原子力規制委員会で認められたことを受け、21日、「高浜原発1、2号機の60年運転延長はどのような理由で法律の定める『例外的な場合』に該当するのか明らかでない。
06/21 21:25

40年廃炉原則早くも骨抜き? 高浜20年延長

40年廃炉の原則が早くも骨抜きにされたとの批判も。
06/21 11:40

東電・第三者委の田中委員長は説明義務果たす気ないと回答した―菅直人元首相

東電福島第一原発事故時に、まさに当事者であった菅直人元総理(当時総理)が17日、原発事故で当時「メルトダウン(炉心溶融)」の公表が遅れた問題について『東京電力が設置した第三者委員会』が炉心溶融を炉心損傷と説明したのは「官邸から慎重な対応をするよう要請を受けていたと理解していたと推認される」とする報告書をまとめたことについて「官邸側という表現で当時の総理にかかわる記述もあったので、田中泰久東電第三者委員会委員長に報告書について説明を受けたいと今日(17日)の午前中に直接電話で申し入れた」とし「田中委員長は午後になって、委員の間で相談のうえ、説明義務を果たす気はないと電話で回答してきた」と驚くべき回答があったことを公表した。
06/18 18:59

福島原発の事故当時、東電社員も官邸に常駐「官邸から・」

民進党の枝野幸男幹事長は東京電力福島第一原発事故で当時「メルトダウン(炉心溶融)」の公表が遅れた問題について、東京電力が設置した第三者委員会が16日、炉心溶融を炉心損傷と説明したのは「官邸から慎重な対応をするよう要請を受けていたと理解していたと推認される」としたことに事故当時、官邸に東電社員も常駐しており、「当時からよく『官邸』と言われたが、具体的に言っていただかないと誤解を招く」と強く反論した。
06/18 15:01

海外の原発受注へ「政府全体として支援」―安倍晋三首相

安倍晋三総理は23日、経協インフラ戦略会議で「世界のインフラ需要に我が国の質の高いインフラ輸出を促進することは我が国経済成長にとって重要であるとともに、相手国の経済発展にも貢献するWIN-WIN関係の構築を図るもので、質の高いインフラは伊勢志摩サミットでも大きな議題になる」とし、トップセールスを引き続き進めていく考えを示した。
05/25 19:25

川内原発「止める理由ない」原子力規制委員長

原子力規制委員会の田中俊一委員長は17日の参院予算委員会で熊本地震の特殊性にかんがみ、九州電力川内原発(鹿児島県)の運転を中止すべきでないかとの提起に「原子力規制委員会の審査では92.7キロメートルにわたり、二つの断層が同時に動くということを仮定し、その時のマグニチュードが8.1、その場合に川内原発に与える地震の影響は100ガル程度と評価している」としたうえで、今回地震での測定値や原子炉の自動停止数値などを示し、懸念には及ばない数値になっていると提示し「現在のところ、川内原発を止める理由はないと判断している」と答えた。
05/18 22:40

浜岡原発、政治判断で要請受け運転停止から5年

中部電力浜岡原発が13日で運転停止から5年経過する。
05/09 17:16

川内原発即時停止と免震重要棟建設実行を要請―社民・吉田忠智氏

社会民主党の吉田忠智党首は九州電力に対し、川内原発1号機・2号機の稼働を即時停止すること、再稼働前に約束した重大事故時の指揮所『免震重要棟』を建設するよう強く要請した。
05/01 19:48

廃炉には住民との信頼関係が決定的に重要―福島原発の廃炉国際フォーラム

資源エネルギー庁は福島県で開催した第1回東京電力福島第一原発の廃炉国際フォーラムの結果概要を13日発表した。
04/14 16:36

川内原発1・2号機「安全性確保の主張が認められた」九州電力、運転差し止め抗告棄却で

鹿児島県にある九州電力川内原発1号機、2号機について、周辺住民らによる運転差し止めの仮処分申し立て即時抗告審で、福岡高裁宮崎支部は6日、住民側抗告を棄却した。
04/07 12:40

四国電力、伊方原発1号機を5月10日に廃炉へ

四国電力は愛媛県伊方町の伊方原発1号機の廃炉を25日の取締役会で決めた。
03/26 12:44

東電・廣瀬社長、第3者検証委初会合で陳謝

東京電力の福島第一原発事故時の通報・報告に関する第3者検証委員会の初会合が17日開かれ、廣瀬直己社長が検証委員会委員に対し、全面協力するので、厳正な調査をお願いしたい、と要請した。
03/17 21:35

高浜3・4号機仮処分命令に不服申し立て 関電

関西電力は14日、さきの高浜原発3号機、4号機の運転禁止の仮処分命令申し立てを認めた大津地裁に対し、不服申し立てを行った。
03/15 11:06

原発を重要なベースロード電源として活用―自民、2016年運動方針

自民党は2016年運動方針の中で、原発について「依存度を可能な限り低減させつつ、安全性の確保を大前提に、原子力規制委員会によって新規制基準に適合すると認められた原子力発電所の再稼働を進める」とし「原発を、重要なベースロード電源として活用する」と明記した。
03/14 15:37

原発250キロ圏で避難まで瀬戸際の事故だった―菅直人氏

東京電力福島第一原発事故当時、総理だった菅直人衆院議員は「この事故で原発観、人生観も大きく変わった」とブログに綴り「福島第一原発事故は東京を含む250キロ圏に住む5000万人が避難しなければならなくなる瀬戸際の事故であった」と振り返った。
03/13 20:28

【コラム】原発再稼働は、30キロ圏全自治体の同意と避難計画策定を条件に

関西電力高浜原発の稼働中の3号機で運転差し止め仮処分が9日、大津地裁で決定した。
03/13 00:02

福島原発事故のメルトダウン判定問題で「第三者検証委」設置

東京電力は11日までに福島第一原発事故に係る通報・報告に関する経緯・原因等について検証する弁護士3人(元裁判官や元検事ら)からなる「第三者検証委員会」を設置した。
03/11 19:08

福島原発事故による帰還困難区域、見直しに向けた考えを夏までに明示―安倍晋三首相

安倍晋三総理は10日夕の記者会見で、東京電力福島第一原発事故に伴い、5年を経た今も「帰還困難区域」になっているところについて「放射線量が低下していることがモニタリングで明らかとなっている」とし「地元の皆さんの故郷への思いをしっかり受け止めながら、区域見直しに向けた国の考え方を今年の夏までに明確に示したい」と語った。
03/11 10:07

エネルギー供給の安定に原子力欠かせない―安倍晋三首相

安倍晋三総理は10日夕の記者会見で、関西電力高浜原発3号機、4号機に対する運転差し止めの仮処分を大津地裁が決定したことへの受け止めや原発再稼働への考えを記者団に聞かれ「原発の再稼働については高い独立性を有する原子力規制委員会が科学的、技術的に審査し、世界で最も厳しいレベルでの新規制基準に適合すると判断した原発のみ、その判断を尊重し、地元の理解を得ながら再稼働をすすめるというのが政府の一貫した方針だ」とこれまでの方針を変えることはないとの考えを明確にした。
03/10 22:35

運転差し止め「真摯に受け止めるべき」社民談話

関西電力高浜原発3号機、4号機の運転停止を命じる仮処分を大津地裁が9日決定したことに社会民主党の又市征治幹事長は9日「原子力規制委員会の新規制基準の審査に合格し再稼働した原発に対して初めての差し止め決定であり、また、稼働中の原発を停止させる決定としても初めてのことである。
03/09 21:28

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ進む