1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > cedar3(1)

cedar3のニュース一覧

木星

2021年度が始まって早々、科学系論文サイトarXiv(アーカイブと読む。 04/15 08:32

かに星雲とかにパルサーの多波長合成イメージ(提供:NASA)

彗星と紛らわしい存在である星雲や星団を集めて、18世紀にフランスの天文学者シャルル・メシエによって作られたのが、メシエカタログだが、その最初に出てくるのがおうし座のかに星雲M1である。 04/14 07:49

宇宙を観測する目の役割を果たすのが望遠鏡だが、NASAのハッブル宇宙望遠鏡がその世界を大きく変貌させた結果、地上の望遠鏡による観測の役割が低下した印象がある。 04/07 17:02

生命の起源となるアミノ酸がこの宇宙に存在するためには、有機化合物が合成されやすい環境がなければならない。 04/06 19:21

ブラックホールを質量の大きさで分類すると、2極化が起こっていることを知っているだろうか。 03/31 08:36

満月の様子。

3月中旬にアメリカで、第52回月惑星科学会議が開催された。 03/29 18:59

AAVSO(アメリカ変光星観測者協会)は19日、三重県亀山市の中村雄二氏が、カシオペア座に新星を発見したと報じた。 03/23 16:51

ヨーロッパ南天天文台が発刊しているアストロノミー・アンド・アストロフィジックス誌で22日、宇宙で最も遠い世界にあり、強い電波を発するクエーサーVIKJ2318-3113に関する研究論文が公表された。 03/23 07:50

ロシアのニュースサイトRIAノーボスチは12日、国際宇宙ステーション(ISS)のロシアモジュールにおいて、エアー漏れが発生していたと報じている。 03/17 08:34

宇宙を飛行する「ひろがり」の想像図 (c) 大阪府立大学 SSSRC

3月14日夜8時20分ごろ、国際宇宙ステーションから室蘭工大と大阪府立大学が共同開発した超小型衛星「ひろがり」が宇宙に無事放出に成功した。 03/16 07:42

2月28日にイギリス上空に出現した大火球(画像: マンチェスター大学の発表資料より (c) The University of Manchester)

イギリスのマンチェスター大学は9日、大火球の破片を回収したと発表した。 03/10 07:32

太陽コロナ質量流出(CME)はあまり聞きなれない言葉であるが、磁気嵐と聞けばピンと来る人も多いかもしれない。 03/08 17:42

トロヤ群に滞留していることが見出された珍しい彗星 (c) NASA/ESA/J. Olmsted/STScI

NASAは、非常に珍しい彗星に関するニュースを発表している。 03/03 16:36

赤色巨星でのライン強度比と温度の間の関係(画像:東京大学の発表資料より)

オリオン座のベテルギウスは、最も有名な赤色巨星であり、超新星爆発の時期がまじかに迫っているのではないかと、ささやかれている存在である。 03/03 07:50

ニュートリノと呼ばれる素粒子の存在を知っているだろうか。 02/23 16:34

今から4.1~4.2万年前に、地球の歴史上最後の磁場反転が起こっていたことの痕跡が、ニュージーランドの「カウリの木」から見出されたとする研究結果が、南オーストラリア博物館などの研究チームにより「サイエンス」誌で発表された。 02/22 16:54

今から6600万年ほど前に地球に衝突したチクシュルーブ大隕石は、メキシコユカタン半島沖に直径約150km、深さ約19kmの巨大なクレーター(チクシュルーブクレーター)を痕跡として残し、恐竜をはじめとした地球上の生命の大絶滅をもたらした張本人であると考えられている。 02/17 08:15

アメリカのコーネル大学が運営する学術論文サイトarXivで15日、形成途上にある原始惑星系円盤の構造に関する国立天文台の研究論文が公開された。 02/16 08:17

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告