ピレリ、新タイヤ「POWERGY」発売へ 環境性と安全性を両立

2022年2月7日 11:51

印刷

 ピレリジャパンは4日、タイヤシリーズ「POWERGY」を発表した。3月から順次発売する予定だ。現在F1でも公式タイヤを供給しているピレリが、市販部門でも新たな動きを見せる。

【こちらも】トーヨータイヤ、リアルタイムで「タイヤ力」を可視化する技術開発

 POWERGYは、環境にやさしい性能と安全性を両立。日本自動車タイヤ協会(JATMA)が設けたウェットグリップ指標では、a/bのラベリングを記録。優れたウェットグリップにより、雨天時もスムーズに走れる。

 転がり抵抗はラベリングAA/Aとなっており、排気ガスの削減も期待できる。ノイズも削減したため、乗用車の静粛性を引き出せるだろう。

 POWERGYの開発には、バーチャルリアリティを採用している。ピレリ社内でもっとも進化したバーチャルリアリティを使用しており、性能目標の達成に貢献。例えば、接地形状の最適化に成功しており、ブレーキ制動距離の短縮や、コントロール性能の向上を期待できるという。

 またコンパウンドに特殊なポリマーを用いて、ウェットブレーキや摩耗の各性能も改善。バーチャルシミュレーションにより、全体の開発期間も短縮できたという。

 POWERGYは15~21インチサイズを用意し、スピードレンジはH~Yに定めている。最終的には全51サイズが展開される予定だ。価格はオープン。

関連記事