スバル、トヨタと協働開発のEVプラットフォームから新型EV「SOLTERRA」登場

2021年5月15日 17:09

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

SUBARUが2020年中に世界発売予定のCセグメント相当の純電動SUV「SOLTERRA」のティーザー画像

SUBARUが2020年中に世界発売予定のCセグメント相当の純電動SUV「SOLTERRA」のティーザー画像[写真拡大]

写真の拡大

 SUBARUが開発中であるSUVのEVモデルは、トヨタ自動車と共同開発したEV専用プラットフォーム「e-SUBARU GLOBAL PLATFORM」(イースバルグローバルプラットフォーム)を採用する、公式に発表となった。

 SUBARUの発表によれば、2022年の発売に向けて開発を進めるその新型EVの名称は「SOLTERRA(ソルテラ)」に決定したと云うこと。「SOLTERRA」は、トヨタと協働開発のEV専用プラットフォームe-SUBARU GLOBAL PLATFORMを採用した初めてのSUBARU車で、CセグメントSUVモデルのEVである。

 トヨタと共同開発したe-SUBARU GLOBAL PLATFORMは、フロント/センター/リヤなど数種類のモジュールやユニットを組み合わせることで、多彩なバリエーションのEVを効率的に展開することを可能にするプラットフォームだ。

 両社が知見を持ち寄り完全に新しいEV専用プラットフォームを作り上げるなかで、従来からSUBARUが目指してきた高い衝突安全性や優れた操縦安定性を新型EVでも実現するために、トヨタとともに開発に取り組んできた。

 「SOLTERRA(ソルテラ)」の開発おいて、この新型プラットフォームだけでなく、商品企画、設計、性能評価などの多岐に渡ってSUBARUとトヨタが共同で行っており、SUBARUが長年培ってきたAWD技術とトヨタの持つ優れた電動化技術を活用するなど、両社がそれぞれの強みを持ち寄ることで、EVらしさに溢れた魅力を持つ新しいSUVづくりに取り組んでいる。

 「SOLTERRA」という名称は、ラテン語で「太陽」を意味する「SOL(ソル)」と、「大地」を意味する「TERRA(テラ)」を組み合わせた造語。優れた操縦安定性や高い走破性を誇るAWD性能を備え、行く先を選ばない「安心と愉しさ」を提供するSUBARUらしいSUVというあたりがこのクルマの特徴といえる。新たなユーザーと共に自然をもっと愉しみ、自然との共生をより一層深めていきたい。そのような想いから、この名を付けたという。

 「SOLTERRA」は、アセント、アウトバック、フォレスター、SUBARU XVからなるSUBARU SUVラインアップに加わる新たな選択肢として、2022年年央までに日本、米国・カナダ、欧州、中国等で発売予定だ。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
日本ではピュアEVが普及しなかった ところが、急展開が始まりそうな背景とは?
トヨタのウーブン・プラネットHD、米国Lyft社のレベル5自動運転部門買収
車載電装システム、xEV系で好調。他も21年に回復、30年の世界市場は43兆円市場に

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車SUVスバルフォレスターSUBARU XVアウトバックアセント

関連記事

広告