実業之日本社が「Skeb」を10億円で買収へ

2021年2月15日 16:16

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

イラストコミュニケーションサービス「Skeb」が12日、実業之日本社により買収されたと発表した。Skebは同人作家などに対して、有償でイラストや音声などを発注できるサービス。リリースによれば、Skebは総登録者数100万⼈超、クリエイター登録者数約5万⼈、⽉間取引⾼約2億円で、取引案件の約20パーセントが海外からの利⽤であるという(実業之⽇本社リリースなるがみ氏TwitterITmedia)。

2月1日付でSkebの運営会社である株式会社スケブの全株式を10億円で譲渡したとしている。サービスは今後も継続され、代表はスケブの喜田一成氏がそのまま担当するという。譲渡の理由として喜田氏はTwitterで一人で月間数億円の取引や資金を管理するのはリスクが高い、大手がバックに付くことによる安心感を得られる、サポート対応や保守の作業が急増したことへの対処などがあるようだ。 x

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | ソフトウェア | アップル | デベロッパー | iOS | 政府

 関連ストーリー:
米政府、前大統領が署名したTikTokとWeChatに関する大統領令の正当性を見直し 2021年02月13日
Huaweiの「独自OS」は結局Androidのフォークなのか 2021年02月05日
デジタルプラットフォーム取引透明化法が1日から施行。取引条件の開示などが義務化 2021年02月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード買収

関連記事