武蔵境自動車教習所、ZOOM利用の「オンライン学科」開始 都内初

2021年2月14日 08:29

小

中

大

印刷

オンライン学科の様子(画像: 武蔵境自動車教習所の発表資料より)

オンライン学科の様子(画像: 武蔵境自動車教習所の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 武蔵境自動車教習所は13日、東京都の自動車教習所では初となる「ZOOM」を利用した「オンライン学科」を、2月5日より開始したと発表した。オンラインでの学科教習は2020年12月から解禁されていた。

【こちらも】コロナ禍で葬儀スタイルもオンライン化 スマホでしのぶ故人の思い出

■「オンライン学科」開始の背景

 昨今の新型コロナウイルスの影響もあり、密を避けることが重要視されてきた。自動車教習所は多くの生徒が同じ教室に集まって受講することもあり、対策が急務となっていたことから、警察庁は、指定自動車教習所でのオンライン学科を解禁するとの通達を出していた。

 東京都では、武蔵境自動車教習所が初の実施となり、 当初は1段階のみだったが、15日から2段階の学科教習も対象とする予定だ。

■「オンライン学科」の概要

 「オンライン学科」はすべて予約制となる。オンラインで専用の予約フォームに登録をすると、ZOOMのURLが送られ、指定の時間になるとアクセスができる。学科開始60分前までに登録を済ませていないと「オンライン学科」には参加できない仕組みとなっている。

 「オンライン学科」は、すべて実際の教室で行われる時間と同じ時間割に実施され、複数名のスタッフにより受講態度や理解度を確認する。教科書の確認が行われる場合もあるため、アンダーラインやマーカーを引く必要がある。また、本人確認の点からカメラをつけた状態かつ、顏がはっきりとわかる状態で受講する必要がある。

 なお、応急救護など一部の学科はオンラインでの対象外となっており、教習所で受講する必要がある。

■単位が認められないケース

 オンラインで受講するにあたり、いくつかの注意点もあるという。1つの画面に対して複数の生徒が受講する、離脱した状態で3分以上画面から姿が確認できない、移動中や騒がしい場所での受講、といったことがあれば単位が認められない。ネット環境やバッテリー切れなどにも注意する必要があるだろう。また授業中の動画撮影や写真撮影、SNSへの投稿も禁止されている。(記事:キーパー・記事一覧を見る

関連キーワード警察庁新型コロナウイルスZOOM

関連記事

広告