NHK、職員1万人の37%にも達する管理職を約3割削減へ

2021年2月1日 16:20

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

NHKが受信料の値下げなどの収入源対策から、管理職を約3割削減し、職種別の採用を一本化する人事制度改革を行うという。共同通信の記事によれば、職員約1万人のうち37%を占める管理職を25%に減らすという。現在の管理職にはバブル期に大量採用した人が多く、年齢に応じた役職定年を設けるほか、早期退職も促すとしている。このほか、記者やディレクター、技術など職種別の採用を廃止するとしている(共同通信)。

 スラドのコメントを読む | テレビ

 関連ストーリー:
総務省、NHKの受信料下げの新制度案。2月に法令改正へ 2021年01月19日
NHK、2023年度に受信料値下げへ。原資はBSの総合やラジオ1波削減などから 2021年01月14日
NHKのネット常時同時配信、インターネット接続端末所有者への受信料負担を必須にするものではないと総務省が回答 2019年12月27日
NHKのBS放送、番組のネット同時配信に向けた「改革」のため4波から3波へ集約へ 2019年12月10日
NHK契約者名簿を使って特殊詐欺のターゲットを選んでいたNHK集金受託会社社長、逮捕される 2019年11月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNHK

関連記事