ボーイング737 MAX、ブラジルで運航再開

2020年12月12日 17:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

ブラジル・ゴル航空は9日、ボーイング737 MAX 8による商業旅客便の運航を再開した(Flightradar24 Blogの記事AP Newsの記事The Vergeの記事NPRの記事)。

737 MAX 8により運航されたのはサンパウロ(GRU)発ポルトアレグレ(POA)行きの4104便(G34104)。Flightradar24のデータによれば、4104便は日本時間9日20時41分にサンパウロを出発し、21時57分にポルトアレグレに到着している。

737 MAXは2018年10月のライオンエア610便2019年3月のエチオピア航空302便で墜落事故を起こし、全世界で運航が中止されていた。米連邦航空局(FAA)は11月に運航再開を認可しているが、実際に商業運航を再開したのは世界でゴル航空が初めて。

ゴル航空は今後737 MAX運航便を増やしていく計画で、737 MAX運航便を利用したくない乗客は予約を変更できるとAPに説明したという。ただし、ゴル航空のWebサイトを見ると、当日でも運航機材が737 NGまたはMAXなどと表示されるフライトがあり、事前に確認できない可能性もある。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | ハードウェア | ソフトウェア | スラッシュバック | 交通

 関連ストーリー:
米連邦航空局、ボーイング「737MAX」運航再開を認める。まずは米国内便から 2020年11月25日
減便で格納期間が長引いたボーイング737、降下開始点以降でエンジン停止の可能性 2020年07月26日
ボーイング、737 MAXの生産を再開 2020年05月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードブラジルボーイングライオン

関連記事