トヨタ、「RAV4」をマイナーチェンジ ディスプレイオーディオ標準装備に

2020年8月8日 18:00

小

中

大

印刷

マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)

マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • ディスプレイオーディオ(9インチ)
  • インテリア(Adventure)

 トヨタ自動車は7日、人気SUV「RAV4」のマイナーチェンジを発表し、販売を開始した。新型コロナウイルスの影響を受けて、本来は6月1日という発売予定が延期になっていたものだ。

【こちらも】EV走行距離はなんと95km! トヨタ RAV4 PHV発売 価格は469万円から

 1994年に登場したRAV4は、乗用車感覚で乗れる4WDとして、「クロスオーバーSUV」という新しいスタイルを提案。2016年に日本市場における生産を一旦終了したものの、2018年に復活。人気SUVとしての返り咲きを果たしている。

 今回のマイナーチェンジでは、RAV4の全グレードにディスプレイオーディオを標準装備。SmartDevice Linkを使えば、USBケーブルを使ったスマートフォンの接続により、ディスプレイ画面にアプリを表示させられる。

 Apple CarPlayであれば、iPhoneアプリをRAV4のディスプレイに映し出せ、Siriとの会話も可能。Android Autoにも対応しており、カーナビ機能や通話、音楽鑑賞など幅広い機能を利用できる。

 ただしSmartDevice Linkが標準連動可能なのに対し、「Apple CarPlay」や「Android Auto」を適用させるには、フルセグTVも合わせたセットオプションとして3万3,000円の追加料金がかかるので注意しよう。

 他にもアクセルとブレーキの踏み間違いに対し自動急ブレーキなどで対応する「インテリジェントクリアランスソナー」、車両上部から見下ろしたような映像をディスプレイオーディオに示せる「パノラミックビューモニター」も標準装備。安全面でもレベルアップを図っている。

 価格はガソリン車が274万3,000円~331万円、ハイブリッド車が334万3,000円~402万9,000円。

関連キーワードトヨタ自動車SUVRAV4

関連記事

広告