リニア新幹線、2027年の開業延期か

2020年7月2日 18:40

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

工事による大井川の流量減少問題から、JR東海が2027年に予定しているリニア新幹線の開業がずれ込む可能性が高まっている。JR東海の金子慎社長は、静岡県側に7月3日までに正式な回答をするよう求めている。すでに静岡県側の意見はまとまっており、文書では認められないことを回答することになるとみられる。開業延期の最終決定は、JR東海がこの文書への回答を受け取った後になる(NHK共同通信)。

あるAnonymous Coward 曰く、 計画では品川駅-神奈川県駅(相模原市)-山梨県駅(甲府市)-長野県駅(飯田市)-岐阜県駅-(中津川市)-名古屋駅と各県に1駅が設けられる予定だが、山梨県駅と長野県駅の間のトンネルのうち11㎞が静岡県を通っており、静岡県にしてみればメリットはないのに大井川の水量減少のリスクだけを押し付けられるのは認めがたいということだ。JR東海はこれまで、湧き水をポンプなどで大井川に戻す案を示したが地元の納得を得られていない。

静岡県の主張は地域エゴなのか、それとも環境と生活を守る必要な要求なのか。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 政府 | 交通

 関連ストーリー:
膠着するリニア中央新幹線の「湧き水」問題、静岡県知事は全量を静岡県に戻さない限り工事を認めないと主張 2019年08月27日
時速600km以上を実現できるという中国製高速リニアモーターカー試験車両が完成 2019年06月03日
真空チューブでない現実的な高速交通システム、コロラド州での導入が検討される 2018年03月06日
三菱重工、リニア車両の営業用車両製造開発から撤退と報じられる 2017年08月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードJR東海新幹線

関連記事

広告

財経アクセスランキング