日本郵船、電子通貨の事業会社「MarCoPay」を設立 世界展開へ

2019年7月29日 21:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 pongchang曰く、

 日本郵船が電子通貨を手がける事業会社「MarCoPay」を設立した(日本郵船の発表)。

 海員は長い航海の間、船内での買い物や寄港地での買い物、母国の家族への送金などを行う。しかし、これらの際に必要となる国際送金は費用や事務手続きが大変である。そのため自分の消費については、郵船は2018年にJCB子会社と組んで船上での支払いや購買を電子通貨で行うという実証実験を行っている(2018年の日本郵船の発表)。

 今回日本郵船が立ち上げたMarCoPayは、母国の家族への送金などを電子化するもの。アクセンチュア、金融大手シティグループと提携し、フィリピンでたちあげた。フィリピンには郵船の船員配乗会社があり、創立30周年を迎えている。

 MarCoPayを利用することで船上での給与支給や生活用品の購入をキャッシュレス化できるほか、航海中の自国への送金もスマートフォンアプリから行えるようになる。

 また、船員は乗船毎の期間契約となることから、銀行からの融資や保険への加入の際に不当に低い評価をされるケースもあるようで、MarCoPayはこういった問題への対策も考えているようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | IT | お金

 関連ストーリー:
LINEの2019年上半期決算、最終赤字266億円に。LINE Payへの投資が赤字の主要因 2019年07月25日
7payと同じく7月1日よりスタートしたFamiPay、現時点で不正ログインなどのトラブルはなし 2019年07月09日
Apple、独自クレジットカード「Apple Card」を発表 2019年03月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード日本郵船

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型NX(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 新型ランドクルーザー(300系)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • (c) 2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
  • タント特別仕様車 楽天イーグルス エディション ⓒRakuten Eagles
  • Photo:スカイライン打倒を果たした「第6回富士TT」で激走する加茂・増田組サバンナ(マツダレース委員会アーカイブ)
  • © 2021 Universal Pictures
 

広告

ピックアップ 注目ニュース