DKSH、東南アジアでのオムロンヘルスケアとの業務提携を拡大

2015年6月25日 14:09

印刷

 スイスのDKSHは25日、オムロンヘルスケアとの業務提携を拡大し、マレーシア、タイ、ベトナムでの包括的な流通サービスを提供することで合意したと発表した。

 DKSHヘルスケア事業部門は、マレーシアとタイの薬局など向けに、オムロンヘルスケア製品のマーケティング、販売、流通、ロジスティックサービスを提供する。

 また既に業務提携を行っていたベトナムにおいては、同国内の対応地域を拡大した。DKSHは既にオムロンヘルスケアに対し、カンボジア、ラオス、ミャンマーでビジネス拡大の支援サービスを提供している。今回の業務提携によって、さらにマレーシア、タイ、ベトナムでオムロンヘルスケアの血圧計、吸入器、活動量計、その他製品を扱うことになる。

関連キーワードアジアヘルスケアスイス活動量計オムロン

関連記事