伊藤忠、インド向けLPガス供給事業会社に40%出資

2014年11月18日 14:20

小

中

大

印刷

伊藤忠商事の100%子会社ITOCHU Petroleumは、AEGIS LOGISTICS社の100%子会社でインド向けLPガス供給事業を運営するAEGIS GROUP INTERNATIONALの40%株式を585万ドル(約6億円)で取得。写真は、AEGIS LOGISTICS社のWebサイト。

伊藤忠商事の100%子会社ITOCHU Petroleumは、AEGIS LOGISTICS社の100%子会社でインド向けLPガス供給事業を運営するAEGIS GROUP INTERNATIONALの40%株式を585万ドル(約6億円)で取得。写真は、AEGIS LOGISTICS社のWebサイト。[写真拡大]

写真の拡大

 伊藤忠商事の100%子会社ITOCHU Petroleum Co., (Singapore) Pte. Ltd.(シンガポール)は17日、AEGIS LOGISTICS LIMITED(インド、Aegis社)からインド向けLPガス供給事業を運営する同社100%子会社AEGIS GROUP INTERNATIONAL PTE. LTD.(シンガポール、AGI社)の40%株式を585万ドル(約6億円)で取得することに合意し、買収契約を締結したと発表した。

 Aegis社は、LPガスの最大需要地であるムンバイ市のほか各地にLPガス、石油製品、及び化学品の受入基地を保有し、インド国内における物流・販売事業を行っている。伊藤忠商事は、Aegis社のLPガス受入基地向けを中心に、年間70万t以上のLPガスの供給を行っているAGI社の株式を取得することで、伊藤忠商事の強みである日本・アジア諸国向けのLPガス販売・物流機能とのシナジーを創出し、インド向けLPガス取扱量の拡大を目指す。

 世界のLPガス海上物流量(2013年実績計6,400万t)は、北米のシェールガス由来のLPガス輸出の増加もあり、今後大きな拡大が見込まれるという。インドの年間需要量は現在、約1,600万tであり、米国)、中国に次いで日本と並び世界第3位。人口増、所得増加、政府によるクリーンエネルギー政策の後押しにより2020年には2,400万tを超える需要が見込まれている。

 伊藤忠商事は、日本、韓国、フィリピン、インドネシア、タイ、マレーシア等向けLPガス供給に係る物流を構築し、既に年間約500万tのLPガスを取扱っている。今回の事業提携で、今後、確実な需要、輸入量の増加が見込まれるインド市場へ進出を図る。

関連記事