1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ロボット・人工知能(AI)(2)

ロボット・人工知能(AI)のニュース(ページ 2)一覧

rss
「特殊詐欺対策サービスおよび通話録音機能付き端末(特殊詐欺対策アダプタ)」の概要図。(画像: NTTの発表資料より)

これほど「詐欺社会」になるとは予測も出来なかった。 12/12 09:02

日本政府が少子化対策のため、人工知能(AI)を使った婚活サービス(以下AI婚活)の支援を計画しているらしい。 12/11 16:43

鋳造設備を「レトロフィット」、つまり再生できるのだそうだ。 11/24 12:17

イベントの内容や開催方法によっては、中止の判断が止むを得ない場合もある。しかし、『できない』ことを『できる』ように試行錯誤することが、新しい時代に向けて何よりも必要なことではないだろうか

2020年ほど「中止」という文字を目にした年は無いだろう。 11/15 21:37

材料特性のリアルタイム予測システムの概要(画像: 理化学研究所の発表資料より)

現代の科学技術発展において大きな位置を占めてきた材料開発は、時間とコストがかかることが最大のボトルネックとされてきた。 11/15 08:10

あれから半世紀遅れて、今こそ「情報化社会」が成り立つ技術的背景が整ったのかもしれない。 11/12 16:38

中国は、『デジタル技術で世界をリードし、世界の覇権を握ることを目指している』としか言えない状況だ。 11/11 16:24

AIにとってはスキンヘッドとボールは同じものであるようだ。 11/02 17:08

「HAICoLab」の概念図(画像: 横浜ゴムの発表資料より)

MONOist 『横浜ゴムがAI利活用構想を発表、未踏領域の知見探索にも挑む』によると、横浜ゴムが大変興味深いシステム「HAICoLab(ハイコラボ)」を発表した。 11/02 15:17

日本郵便は11月1日から、自宅への再配達電話の受け付けに、AIによる音声対応を導入するそうだ。 10/30 09:11

「ディープフェイク」が拡散している。初めての逮捕者が出たが、氷山の一角に過ぎないことはネットを見ていれば分かる。 10/21 07:34

「ディープフェイク」とは、AIのディープラーニングの「ディープ」とフェイクニュースの「フェイク」をかけ合わせた造語だ。 10/20 12:24

NVIDIAは5日、人工知能 (AI) の開発向け組み込みシステムコンピューター「Jetson Nano 2GB Developer kit」を発表した。 10/07 08:10

GPT-3が読解や質疑応答、翻訳など様々なアプリケーションに応用可能であることを考えると、もし使用を間違えた場合に大量のフェイクニュースを流し、非常に危険な状態となる。 10/03 17:13

文章が読める・書ける・自然言語からコーディングが出来る。 10/03 08:40

ITRがタスク・マイニング市場規模推移および予測を発表

日本でも事務分野のロボット化オートメーションであるRPA(Robotic Process Automation)が普及し始めている。 09/30 08:33

「Servi(サーヴィ)」(画像: ソフトバンクロボティクスの発表資料より)

ソフトバンクG傘下のソフトバンクロボティクスは28日、飲食店での配膳・運搬を担うロボット「Servi(サーヴィ)」を販売することを発表した。 09/29 08:47

「ガードレール支柱腐食点検システム」の撮影イメージ(画像: 凸版印刷の発表資料より)

凸版印刷は、イクシス(川崎市)およびケー・エフ・シー(大阪市)と共同開発した人工知能(AI)を使い、ガードレール支柱の腐食を走行しながら点検できるシステムを発表した。 09/20 07:29

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7  次へ進む

広告