ホーム > ニュース一覧 > 太陽電池・太陽光発電(5)

太陽電池・太陽光発電のニュース(ページ 5)

丸紅、いわき市のメガソーラーが稼動開始 年間発電量250万kW時を見込む

丸紅は9日、100%子会社である「三峰川電力株式会社」による福島県いわき市でのメガソーラー案件について、建設工事が竣工し商業運転を開始したと発表した。
02/10 10:46

NTTファシリティーズ、和歌山県日高川町にメガソーラー発電所が完成

NTTファシリティーズは6日、和歌山県日高川町にメガソーラー発電所「F日高川太陽光発電所」が完成し、竣工式を行ったと発表した。
02/07 16:54

オリックスと九電工、熊本県宇城市に約11.1MWのメガソーラー発電所を建設

オリックスと九電工は2日、熊本県宇城市にメガソーラー発電所を建設すると発表した。
02/02 22:05

ソーラーフロンティアら、長崎空港隣接地のメガソーラーを本格的スタート

ソーラーフロンティアとチョープロが設立した長崎ソーラーエナジー合同会社は28日、長崎空港隣接地における約30MWのメガソーラー設置・運営事業に関し、長崎県及び長崎県土地開発公社と事業用地の賃貸借契約を締結したと発表した。
01/28 22:33

シャープ、福島でメガソーラーの建設を開始

2011年3月に発生した東日本大震災による原発事故の影響により、町民が避難している福島県富岡町において、大手電機メーカーのシャープが大規模太陽光発電所(メガソーラー)「シャープ富岡太陽光発電所」の建設工事を開始したとの発表を行った。
01/25 13:51

NTTファシリティーズ、三原市に「F三原太陽光発電所」を建設

NTTファシリティーズは22日、広島県三原市に民有地を賃借し、同地において「F三原太陽光発電所」を建設すると発表した。
01/23 11:40

共同印刷、茨城県の工場で太陽光発電設備が稼働開始

共同印刷は9日、出版商印部門の生産拠点である五霞工場(茨城県猿島郡五霞町)1号館の屋根上に同社初となる太陽光発電設備を導入し、1月9日に発電を開始したと発表した。
01/12 12:06

日本アジアグループ、滋賀県東近江市にメガソーラー発電所を完成

日本アジアグループは9日、傘下のJAG国際エナジーが、滋賀県東近江市の地元自治会の遊休地に大規模太陽光発電所(メガソーラー発電所)の「東近江ソーラーウェイ」を完成させ、竣工式を行ったと発表した。
01/09 14:12

NTTスマイル、太陽光発電遠隔モニタリングサービス向けに月額支払いプランを開始

NTTスマイルエナジーは6日、太陽光発電遠隔モニタリングサービス「エコめがね」の全量モバイルパックに月額お支払いプランを追加、同日より受注開始し、2月2日より販売開始すると発表した。
01/07 14:19

14年の太陽光発電はバブルがはじけ多難な年に

2014年の太陽光発産業を振り返ってみると、各地でメガソーラーの建設が相次ぎ、2014年3月に稼動件数は1000件を越えた。
01/01 10:59

東京センチュリーリースと京セラ、千葉県市原市の山倉ダム内にメガソーラーを建設

東京センチュリーリースと京セラは22日、両社が共同で出資する京セラTCL ソーラー合同会社が、千葉県市原市にある山倉ダムに世界最大級の水上設置型の大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設すると発表した。
12/23 17:44

丸紅、木曽岬干拓地でメガソーラー稼動開始 想定年間発電量 は5,200万kWh/年

丸紅は16日、全額出資子会社木曽岬メガソーラーによる三重県桑名郡木曽岬町、桑名市、愛知県弥富市に跨る木曽岬干拓地でのメガソーラー案件について建設工事が竣工し、商業運転を開始したと発表した。
12/17 13:39

LIXIL、太陽熱光ハイブリッドパネルの実証実験で住宅消費エネルギーの8割を削減

総合住生活企業のLIXILは16日、株式会社GF技研(本社・静岡県富士市)と共同で、太陽熱光ハイブリッドパネルシステムの実証実験を今年2月から実施し、これまでに住宅消費エネルギーの80%削減が可能であることを実証した。
12/16 21:07

それでも続くメガソーラーバブル 伊藤忠が岡山に年間予想発電量約4300万kW/hの太陽光発電所を建設

2014年10月、再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT)に基づく発電電力の新規受け入れを中止すると発表した。
12/14 17:30

日本アジアグループ、北海道札幌市の太陽光発電事業で採択

日本アジアグループは14日、傘下の国際航業が、北海道札幌市が公募した市有地を活用した太陽光発電事業の事業者に採択されたと発表した。
11/14 17:23

再生可能エネルギー買い取り中断がエコ住宅にも余波

北海道電力、東北電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の5社が再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT)に基づく発電電力の新規受け入れを中止すると発表してから、様々な混乱が生じている。
10/26 22:22

成長を続ける太陽光発電市場 ついに2兆5000億円規模に

経済産業省が今年8月に開催した新エネルギー小委員会で太陽光発電協会(JPEA)が発表した集計結果によると、2011年度の時点で約6700億円だった太陽光発電システムの国内市場は大幅に拡大し、2013年度には約2兆5000億円に達したことが分かった。
10/18 22:44

NTTファシリティーズ、千葉県勝浦市に太陽光発電所を建設

NTTファシリティーズは16日、千葉県勝浦市で「F勝浦太陽光発電所」を建設すると発表した。
10/17 14:12

NTTファシリティーズ、広島県に太陽光発電所を建設

NTTファシリティーズは10日、広島県東広島市の個人地権者が保有する土地を賃借し、「F東広島太陽光発電所」を建設すると発表した。
10/13 21:30

スイスETRION社と日立ハイテクが合計34MWのメガソーラー建設へ

日本は、太陽光発電所の設置済容量が14GWを超えており、政府により2020年までに28GW達成を掲げる世界最大の太陽光発電市場のひとつである。
09/04 12:46

アルミで作られた太陽電池モジュールが登場 従来型より最大53%軽量化

一般家庭になかなか太陽光発電が普及しないのは、初期費用が膨大なことは最大の要因ではあるが、モジュールが重いため、普通の住宅では設置しづらいという要因もある。
09/04 12:37

京セラら、世界最大の水上メガソーラーの設置を開始

東京センチュリーリース(TCL)と京セラは29日、2012年8月に同出資により設立した太陽光発電事業を実施するためのSPC(特別目的会社)である京セラTCL ソーラー合同会社が仏シエル・テール・インターナショナルより水上架台(水上に太陽電池モジュールを設置するための浮体構造物「Hydrelio」の提供を受け、水上設置型メガソーラー発電事業に取り組むこととしたと発表した。
09/01 10:26

京セラと東京センチュリーリース、水上設置型メガソーラー発電事業を開始

東京センチュリーリースと京セラは29日、太陽光発電事業を実施するためのSPC(特別目的会社)「京セラTCL ソーラー」が水上設置型メガソーラー発電事業に取り組むと発表した。
08/29 18:18

パワコン10台の接続が可能 三菱電機が太陽光発電システム用カラーモニターを発売

三菱電機は22日、低圧連系(10kW~50kW未満)の住宅用太陽光発電システム用モニターとして、10台までのパワーコンディショナー(直流発電電力を交流電力に変換する装置、パワコン)を接続できる、新しいカラーモニター「エコガイド」を12月から発売すると発表した。
08/22 14:03

太陽光発電業者は約7割が増収 直近3年間で最高に

震災後のエネルギー問題を背景に市場拡大が急速に進む太陽光発電システム業界。
07/29 11:10

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ進む