1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ライフ
  4.  > しごと
  5.  > 転職(3)

転職のニュース(ページ 3)一覧

知っている人も多いかもしれないが、今後の労働力人口の減少なども考慮して、2018年1月に厚生労働省が副業・兼業の促進に関するガイドラインを発表した。 07/03 11:41

エン・ジャパンが「リカレント教育(学び直し)」について調査。内容は「専門資格」、機関は「民間サービス」、費用は「月1~5万円未満」が最多。行なわない理由、「学費等の負担」「時間不足」。  

OECDやイギリスのグローバル人材会社が日本のスキル不足の低さを指摘し話題になった。 06/25 08:34

小笠原 隆夫

このところ、いくつもの会社で取り組み課題としてあげられるテーマに、「退職者対策」があります。 06/24 16:56

マイナビは2016年から2018年に転職した方を対象にその動向調査を実施し、結果を発表した。転職率は年々微増。20代男女の転職割合が多い傾向。

最初に入った会社で定年を迎えるまで働き続けるという事は、これまで多くの日本人にとって当たり前のことだった。 06/20 09:34

副業への関心はここ数年高まっており、実際に副業を始めている人はまだ少ないが、関心を持っている人は増えている。 06/08 12:33

近年、副業人気は加速している。 06/06 11:32

多くの企業で副業が解禁される中、副業疲れの問題に悩む人や、本業との兼ね合いについて見直す人も現れている。 05/27 11:10

ブレグジットで揺れるイギリスだが、日本ではイギリスの働き方や副業の話題は少ないように感じる。 05/26 16:27

20日、日本経済新聞が「副業解禁、主要企業の5割 社員成長や新事業に期待」と報じた。 05/22 09:18

雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している

時代の変化に応じて、ビジネスパーソンが身につけるべきことも変化する。 05/21 17:50

小笠原 隆夫

トヨタ自動車の豊田章男社長が、記者会見で「雇用を続ける企業へのインセンティブがもう少し出てこないと、終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた」と述べたことが話題になっています。 05/20 17:40

世界一の経済大国であるアメリカには、多様な働き方がある。 05/20 10:40

副業に興味を持っている人が増えている。 05/18 18:18

求人情報サイトを運営するディップやパーソルキャリアが4月の求人動向を発表し、これまでから引き続き求人数が増えていることが分かった。 05/14 11:46

ヴォーカーズは正規社員と非正規社員の格差を調べ、聞き取り調査を元にしながらそれぞれの働き方についてまとめた。正規・非正規の待遇格差は大企業ほど大きい。モチベーションは非正規社員の方が高い傾向も。

現在の職業が正規社員として行っている仕事であるのか、それとも非正規社員なのか、同じ職業でも雇用形態によってそれぞれカテゴライズされている事を実感する場面は多い。 05/10 10:02

働き方改革関連法が4月1日に順次施行され、残業時間の上限が月45時間となり従業員が社内で過ごす時間が短縮化へと向かっている。 05/08 17:50

新卒採用の一斉スタート制が緩和される。海外企業への就職や、海外の大学から日本国内の企業への就職など、進学先や就職先の多様化によって大学新卒者の就職活動のスタートラインを経団連主体で決めることに不都合が生じるようになってきているという背景がある。

就職活動が変化する見通しだ。 05/07 08:06

先日、経団連の中西会長が、終身雇用を続けるのは難しいと発言した。 04/25 12:23

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告