1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ライフ
  4.  > 健康
  5.  > 免疫(1)

免疫のニュース一覧

本研究で提唱する新型コロナウイルス感染症重症化の免疫学的機(画像: 熊本大学の発表資料より)

新型コロナウイルス感染症の重症化に免疫が関与していることが分かってきているが、まだそのメカニズムは明らかになっていない。 10/13 17:18

2020年のノーベル化学賞はドイツ・マックスプランク感染生物学研究所のエマニュエル・シャルパンティエ氏(フランス出身)と米カリフォルニア大学バークレー校のジェニファー・A・ダウドナ氏が共同受賞した。 10/08 17:23

研究の概要(画像:北海道大学の発表資料より)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中で猛威をふるう中、死亡率など新型コロナウイルスの感染状況が地域によって顕著に異なることが確認されている。 09/23 18:50

画像はイメージです。

新型コロナウイルスへ向き合う都道府県知事の姿勢には、相当の開きがある。 09/04 08:04

大阪大の岸本忠三特任教授らの研究チームが、新型コロナウイルスに感染した患者の血管で炎症反応が起こる仕組みを解明したそうだ。 08/26 19:09

神戸大学は12日、さまざまな重症度の新型コロナウイルス患者の血清を多面的に分析した結果、全ての患者で中和抗体がつくられるが、重症になるほどその量が多くなること、また、同じく重症になるほど炎症を引き起こすサイトカイン等の量が多くなることを確認したと発表した。 08/14 07:38

謎の多い新型コロナウイルスを巡る議論は幅広い。 08/07 16:35

免疫応答によって、活性化されたMTK1がSAPK経路の長期活性化をもたらし、インターロイキン6の産生を誘導することを示した研究結果(東京大学医科学研究所の発表より)

酸素が体内の細胞や組織などと結合し、ダメージが蓄積していく酸化ストレス。 07/13 07:35

最近は食生活の変化から、便秘になっている子供が増えているという。 07/02 07:11

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言は明けたものの、2週間経った今でも、東京都や北九州市をはじめ、日本各地では感染報告が後を絶たない

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言は明けたものの、2週間経った今でも、東京都や北九州市をはじめ、日本各地では感染報告が後を絶たない。 06/21 19:32

画像はイメージです。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチンの開発が世界中で進められている。 06/15 10:50

気温の上昇とともに「熱中症」の話題が増えてきた

気温の上昇とともに「熱中症」の話題が増えてきた。 06/14 16:52

CONAN法による新型コロナウイルス検出法の概要(東京大医科学研究所の発表より)

東京大学医科学研究所の真下知士教授らが、ゲノム編集技術「CRISPR-Cas3(クリスパー・キャス3)」を用いて新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を迅速に検出する診断法を確立したと発表した。 06/10 07:24

開幕が待たれるプロ野球で3日、巨人の坂本勇人内野手(31)と大城卓三捕手(27)の2選手がPCR検査の結果、新型コロナウイルスの陽性と判定されたことが発表された。 06/06 19:15

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告