1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 経済
  4.  > 経済指標・統計
  5.  > 個人消費(1)

個人消費のニュース一覧

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)5/6、NYダウ+318ドル高、34,548ドル(日経新聞) ・NYダウは、連日の最高値更新。 05/10 08:26

帝国データバンクが3月分アパレル上場企業の売上高動向調査。8割超が前年同月を上回る。昨年の臨時休業などの反動増、2019年3月比では低調

日本のマクロ経済は、ウイズコロナで加速するIT投資やEC関連の運輸業の好調、また中国に牽引されたアジア経済の復調を受け、昨年秋から製造業を中心に急速に持ち直している。 05/09 18:28

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)4/29、NYダウ+239ドル高、34,060ドル ・バイデン大統領は4/28、施政方針演説で、インフラ投資計画や教育などを支援する「米国家族計画」の必要性を訴えた。 05/03 09:27

日本総研の「日本経済展望」によれば、消費の半分を占める高齢者世帯消費が勤労者世帯より落ち込んでいる

コロナ禍の外出自粛ムードの中、消費の全般的な停滞が続いている。 04/20 08:40

日本総研が欧州経済展望4月を発表。新型コロナによる活動制限は長期化、消費の落ち込みは限定的で企業活動は堅調

欧州でも新型コロナウイルス感染症の流行が続いている。 04/15 08:40

日本総研が経済展望4月を公表。景気回復に一服感。輸出は回復基調を持続。企業収益は二極化、設備投資計画はプラス。消費低迷は長期化の見通し

2018年秋からの景気後退局面は昨年5月に底を打ち、以後回復基調で推移している。 04/14 08:51

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)3/22、NYダウ+103ドル高 ・FRBの銀行に対する資本規制緩和措置終了でNYダウは下落して始まったが、10年国債利回りが低下したためハイテク株が買われ、NYダウも上昇した。 03/25 07:51

日本総研が「米国経済展望」を公表。感染減少や活動規制の緩和を背景に雇用改善。製造業、設備投資は堅調

コロナ禍で世界的な経済停滞が持続している。 03/18 07:40

東京商工リサーチが 東北6県「東日本大震災後の企業業績」調査。東北の企業業績は復興需要を背景に着実に回復

2011年3月の東日本大震災から10年となる。 03/05 08:33

日本マクドナルドHD、既存店売上高は21四半期連続でプラス 2021年も中長期的成長のための投資を積極的に行う

日色保氏(以下、日色):みなさま、こんにちは。 03/02 17:42

明治HD、3Q累計の営業利益は微増で着地 プロバイオや「ザバス」が好調に推移するも、菓子・業務用食品が苦戦

古田純氏:IR広報部を監修しております、取締役の古田でございます。 03/02 17:41

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)2/18、NYダウ▲119ドル安、31,493ドル ・米10年国債利回りの上昇で割高感が出た大手ハイテク株が売られ、新規失業保険申請件数が予想に反して増加し、雇用回復の不安定さが浮き彫りになって下落。 02/22 08:56

ホンダ、抜本的な事業活動の見直しにより販売費等を抑制し2Q累計の営業利益は1,692億円

倉石誠司氏:2019年度末から世界中に広がった新型コロナウイルス感染症は、現在においても世界各国で猛威をふるっており、経済は深刻なダメージを受けております。 01/25 17:09

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移  1)1/21、NYダウ▲12ドル安、31,176ドル ・NYダウは3営業日ぶりに小反落。 01/25 09:03

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)1/18、「キング牧師の生誕日」の祝日で休場。 01/21 08:54

倒産件数の推移(画像: 帝国データバンクの発表資料より)

2020年の倒産集計が発表され、倒産件数は7,809件と2000年以降で2番目の低水準となったことが分かった。 01/14 08:42

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)1/4、NYダウ▲382ドル安、30,223ドル ・(1)コロナ感染再拡大と(2)米ジョージア州で民主党勝利となると法人税増税と金融規制強化で株価に逆風、との懸念が強まり一時ダウは▲700ドル超の下落となった。 01/07 08:37

帝国データバンクが「景気見通しに対する企業の意識調査」。2021年の見通しは、「回復」を見込む企業は13.8%、「踊り場」28.7%、「悪化」32.4%

新型コロナ感染症の影響で経済の停滞が続いている。 01/04 09:27

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告